コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽後[町] うご

2件 の用語解説(羽後[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

羽後[町]【うご】

秋田県南部,雄勝(おがち)郡の町。東部は横手盆地で水田が広く,米産が多い。中心の西馬音内(にしもない)は古くからの商業地で,2,5,8の日に市が開かれ,盆踊も郷土芸能として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うご【羽後[町]】

秋田県南部,雄勝郡の町。人口2万0307(1995)。横手盆地の南西部,雄物川西岸にあり,東は湯沢市に接する。町の西部は子吉川水系の田代川流域を含む。759年(天平宝字3)に築かれた雄勝城所在地を町内に比定する説がある。中心の西馬音内(にしもない)は雄物川西岸の交通・経済の中心で,由利郡への道も通じており,近世には本荘・亀田両藩の本陣も置かれた。九斎市も開かれ,商圏は由利郡にも及んだ。1928年に雄勝電鉄(のち羽後交通雄勝線)湯沢~西馬音内間が開通したが,78年に廃止された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羽後[町]の関連キーワード秋田羽後えびの男鹿北秋田にかほ湯沢雄勝の柵大日向作太郎茂木亀六

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone