コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老ノ坂 オイノサカ

デジタル大辞泉の解説

おい‐の‐さか【老ノ坂】

京都市と亀岡市との間にある峠。山陰道の京都への入り口。標高193メートル。老齢を重ねることに掛けても用いる。
[補説]「大枝(おい)の坂」とも書いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

老ノ坂【おいのさか】

山陰道(京街道)が大枝(おおえ)山を山城から丹波へ越える国境の峠およびその前後の坂をいう。大枝山は《万葉集》をはじめとして〈大江山〉とも記され,古歌説話などでは老ノ坂のことをさすことが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おいのさか【老ノ坂】

老ノ阪とも書く。京都盆地と亀岡盆地との間の分水界山地および峠。老ノ坂山地(西山)はポンポン山(679m)を最高峰とする古生層の山地で,山城・丹波両国の境界をなす。古くは大枝(おおえ)山または大江山とも呼ばれ,源頼光酒呑童子を退治した伝説が残る。京都市と亀岡市の境の老ノ坂峠(260m)は山陰道の要衝であり,山城の西の重要な出入口で,近世には宿場町ができていた。山陰道は現在国道9号線となり,峠下を老ノ坂トンネルが通じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おいのさか【老ノ坂】

京都市と亀岡市の境にある峠。山陰道の要地。大江の坂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老ノ坂
おいのさか

京都府南西部、京都盆地と亀岡盆地との間の大枝(おおえ)山山塊にある峠。標高193メートル。大枝峠ともいう。江戸時代まで京都と丹波(たんば)方面を結ぶ唯一の交通路として山陰道が通じ、交通、軍事上の要衝として、679年(天武天皇8)すでに大江関が置かれたと伝えられる。一帯は大枝山とよばれ、小式部内侍(こしきぶのないし)の「大江山いく野の道の……」の大江山は、この老ノ坂をさすとも解され、明智光秀(あけちみつひで)もここから本能寺攻めに向かった。明治になって山陰本線が開通し峠の交通的価値は一時衰えたが、昭和に入りふたたび重要な交通路となった。現在では旧道にかわって国道9号がトンネルによって通じ、自動車の往来が頻繁である。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の老ノ坂の言及

【大枝山関(大江山関)】より

…山城国乙訓郡(現,京都市西京区大枝)の関所。古代の山陰道は都と丹波以西8ヵ国の国府を結ぶが,奈良・平安の両時代とも,山城・丹波国境の大枝山(現,老ノ坂峠)を越えて丹波国に入った。平安京の時代には大枝山は,逢坂・竜華・山崎・宇治・淀などと並ぶ交通の要衝で,山城国五道,山城国四堺の一つと呼ばれ,山の手前に関所が設けられた。…

【酒呑童子】より

…酒呑童子の名称は,《大江山絵詞》では〈酒を深く愛する者〉ゆえの名となっているが,そのストーリーが中国の白猿伝説の影響を受けているとみて,〈斉天大聖(チイーテイエンダーシヨン)〉の名を借りたのでは,とする説も出されている。大江山は元来は都のあたりにほど近い老ノ坂であったらしいが,《大江山絵詞》では丹波・丹後の千丈ヶ嶽の大江山,《酒伝童子絵巻》では近江伊吹山となっている。大江山に鬼神がこもるとする観念は,老ノ坂が都(山城国)と外界を隔てる境界の性格をもった場所であったこと,疫神の侵入をさえぎり都の安寧と清浄を確保する四境祭の舞台であったこと,多くの盗賊・強盗が出没し,そのすみかとなったこと,などを背景として分析されるべきであろう。…

※「老ノ坂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

老ノ坂の関連キーワード大枝山関(大江山関)保津峡府立自然公園大江山(京都府)能勢(町)高槻(市)箕面(市)豊能[町]高槻[市]豊能(町)能勢[町]北摂山地織田武雄明智光秀能勢町保津峡保津川天王山丹波口大原野桂川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老ノ坂の関連情報