コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肋木 ロクボク

4件 の用語解説(肋木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろく‐ぼく【×肋木】

柱の間に多数の丸い横木を通した体操の固定用具。懸垂・足掛けなどをする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

肋木【ろくぼく】

スウェーデン体操の代表的器械。2.5m程度の高さの2本の柱の間に10数本の横木を平行に固定したもの。懸垂運動による姿勢矯正などに使用。体育館の壁面に固定されたものが一般的であるが,日本では運動場に固定されていたり,あるいは移動式のものも作られている。
→関連項目器械体操体操

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ろくぼく【肋木】

器械体操の用具の一。柱の間に等間隔に多数の丸い横木を取り付けたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肋木
ろくぼく

スウェーデン体操の代表的器具の一つで梯子(はしご)状の体操器具。高さ約2.5~2.8メートルの支柱の間に十数本の丸い横木を、およそ12センチメートル間隔に平行に固定したものである。主として伸展運動に使用されたが、最近では懸垂運動、柔軟運動、補強運動など補助運動の器械としても利用される。ヨーロッパでは体育館の常備器械として広く利用されている。日本でも学校体育館の壁面に取り付けられ、体育の授業やクラブ活動の補助運動に活用される。[上迫忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肋木の関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンリレー器械体操スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーデンハウススウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone