コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胥吏[中国] しょり[ちゅうごく]xu li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胥吏[中国]
しょり[ちゅうごく]
xu li

中国で行政実務をとる下級官吏。その実質は古代から存在したが,宋以降特に発達した。政府から派遣された官吏の任地で,その配下土地の出身者か,長く住みついた者が胥吏に選ばれたが,彼らはその土地や役所の事情に精通していたため,官吏に代って実務を司り,行政,裁判の実権を握るにいたった。初め政府が必要に応じて庶民の間から採用したが,のち世襲的な地位となった。政府に対する職役の義務というたてまえから,俸給は与えられず,人民から租税納入や訴訟受付のたびに手数料を取り,それを生活の資としていた (→陋規〈ろうき〉) 。そのため賄賂がはびこり,政治上の弊害が生じたため,一時,王安石による改革も行われたが,その後もとに戻り,清末の胥吏制度廃止まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android