コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然硫黄 シゼンイオウ

2件 の用語解説(自然硫黄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐いおう〔‐いわう〕【自然硫黄】

天然に単体の状態で産する硫黄。黄色で、もろい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然硫黄
しぜんいおう
sulfursulphur

非金属元素鉱物の一つ。噴気性鉱床、火山昇華物温泉沈殿物として、あるいは化学的堆積(たいせき)岩、とくに岩塩鉱床に伴われて産し、硫黄鉱床を形成する。ほかに小規模なものは、金属鉱床酸化帯、花崗(かこう)岩質ペグマタイト、熱水交代岩中などに産することもある。天然にはこの斜方晶系のもの(α(アルファ)相)のほか、β(ベータ)相(単斜)およびγ(ガンマ)相(単斜)の3変態がある。後二者は常温で不安定で、徐々にα相に転移する。自形はやや尖(とが)った斜方両錐(りょうすい)形あるいは斜方複角錐台をなし、針状に近い尖った輪郭をもつものもある。原子配列は特殊で、8個の硫黄原子がつくる環状構造のS8分子からなる。自形は骸晶をなすことが多い。これは気体の硫黄から昇華によって生成される際、少しでも表面積が多くなって固化する結果の産物である。
 日本で多量の濃集を示す箇所は、多く酸性マグマの活動に伴う浅所の火成活動の産物で、火山や温泉の活動と関係が深い。1935年(昭和10)北海道知床(しれとこ)岳付近から発生した自然硫黄の流出現象は、世界でもまれな現象として知られる。硫黄は現在は石油の脱硫作業の副産物として回収されているため、日本のすべての硫黄鉱山は閉山された。岩手県松尾鉱山、群馬県草津鉱山などが有名であった。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自然硫黄の言及

【硫黄】より

…その後医薬または黒色火薬として広く用いられてきた。
[存在]
 天然には遊離の状態で自然硫黄として,また広く鉄その他の重金属と結合した硫化物の黄鉄鉱FeS2,方鉛鉱PbS,セン亜鉛鉱ZnS,黄銅鉱CuFeS2など,硫酸塩のセッコウCaSO4・2H2O,硬セッコウCaSO4,重晶石BaSO4などとして産する。日本をはじめ,シチリア島,アイスランド,メキシコ,スペインなどの火山地帯では遊離硫黄(自然硫黄)を産し,アメリカのルイジアナ州,テキサス州にも多量の遊離硫黄の層が存在する。…

※「自然硫黄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自然硫黄の関連キーワード硫黄開閉器状態方程式液相硫化鉄硫化銅鵜の目硫黄自然水銀自然鉄天然存在比

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone