自然科学研究機構(読み)しぜんかがくけんきゅうきこう

百科事典マイペディアの解説

自然科学研究機構【しぜんかがくけんきゅうきこう】

大学における学術研究の発展などに資するために設置された大学共同利用機関が2004年4月に法人化されたのに伴って,新たに発足した四つの大学共同利用機関法人の一つ。それまで文部科学省が所管していた国立天文台核融合科学研究所基礎生物学研究所生理学研究所分子科学研究所の五つの研究機関が所属している。これらの研究機関が互いに連携して,天文学,物質科学,エネルギー科学,生命科学といった自然科学全般にわたって研究活動を推進するのが目的。総合研究大学院大学を構成する機関の一つとして,大学院生に対する教育機関としての役割も担っている。初代機構長,志村令郎。本部事務局の所在地は東京都港区。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜんかがくけんきゅう‐きこう〔シゼンクワガクケンキウ‐〕【自然科学研究機構】

宇宙・物質・エネルギー・生命など自然科学の広範な領域を対象とする、大学共同利用機関法人国立天文台核融合科学研究所基礎生物学研究所生理学研究所分子科学研究所の5つの大学共同利用機関によって構成される。NINS(National Institutes of Natural Sciences)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然科学研究機構の関連情報