舘山寺(読み)かんざんじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舘山寺
かんざんじ

静岡県浜名湖北東岸に突き出た庄内(しょうない)半島の付け根に位置する景勝地。浜松市西区舘山寺町。1958年(昭和33)開湯(舘山寺温泉。泉質は塩化物泉)され、浜名湖レークサイドウェイ、東名高速道路の開通によって奥浜名湖の温泉観光地として発展。大草山より遊園地「浜名湖パルパル」に通じるロープウェー、市営フラワーパークと動物園、舘山(たてやま)からの浜名湖の景観などに恵まれ観光客でにぎわう。地名は、弘法(こうぼう)大師(空海)創建と伝える舘山寺にちなむ。浜松駅から舘山寺温泉までバス40分。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舘山寺の関連情報