船橋[市](読み)ふなばし

百科事典マイペディアの解説

船橋[市]【ふなばし】

千葉県北西部の市。1937年市制。東京湾岸から下総(しもうさ)台地西部に広がる。中心市街は江戸時代には船橋大神宮門前町および千葉街道・成田街道の合流する宿場町として繁栄。昭和初期以後は総武本線の電化に伴い東京の住宅都市として発展,特に第2次世界大戦後は内陸に巨大な住宅団地が造成され人口が激増した。海岸埋立地は京葉工業地域の一環をなし,食品,鉄鋼などの工業が立地,製造品出荷額で5491億円(2003)を上げ,県内6位に位置する。また埋立地には1981年大型ショッピングセンター〈ららぽーと〉が開業し,人気を集めている。中山競馬場,船橋競馬場などがあり,京成電鉄,新京成電鉄,東武野田線,地下鉄東西線,北総鉄道線,東葉高速鉄道線,JR武蔵野線・京葉線,湾岸道路が通じる。東日本大震災で,市内において被害が発生。85.62km2。60万9040人(2010)。
→関連項目中山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなばし【船橋[市]】

千葉県北西部,東京湾に面する市。1937年市制。人口54万0817(1995)。中心市街の船橋は,船橋大神宮の門前町と佐倉・成田街道の船橋宿,および漁村が結合して発展した町である。市域には総武本線,武蔵野線,京成本線,新京成線,地下鉄東西線,北総開発線が通り,東京との交通が便利なため,近年は東京方面への通勤者の住宅地として人口が急増している。沿岸部はかつてノリと貝の養殖地であったが,埋め立てられて臨海工業地と大型港湾(京葉港)が造成され,鉄鋼,金属など工業化が進み,出荷額で県内3位(1995)の工業都市となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android