芒・鯁・禾(読み)のぎ

精選版 日本国語大辞典「芒・鯁・禾」の解説

のぎ【芒・鯁・禾】

〘名〙
① () イネ科植物の外花穎(がいかえい)の先端から出る剛毛状の突起。その有無・長短・形態が分類上の特徴となる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
曾丹集(11C初か)「我守るなかてのものぎはおちてむらむら穂先出でにけらしも」
② (鯁) のどにささるような細かい魚の骨などの類。
古事記(712)上「頃者(このごろ)、赤海鯽魚、(のみど)に鯁(のぎ)ありて、物得食はずと愁言うす」
③ (禾) 金箔銀箔などを細長く切ったもの。砂子切箔などとともに絵画装飾経装丁の飾りに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android