芒・鯁・禾(読み)のぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

のぎ【芒・鯁・禾】

〘名〙
① (芒) イネ科植物の外花穎(がいかえい)の先端から出る剛毛状の突起。その有無・長短・形態が分類上の特徴となる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
曾丹集(11C初か)「我守るなかての稲ものぎはおちてむらむら穂先出でにけらしも」
② (鯁) のどにささるような細かい魚の骨などの類。
※古事記(712)上「頃者(このごろ)、赤海鯽魚、喉(のみど)に鯁(のぎ)ありて、物得食はずと愁言うす」
③ (禾) 金箔・銀箔などを細長く切ったもの。砂子切箔などとともに絵画や装飾経、装丁の飾りに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android