コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村伊三郎(初代) よしむら いさぶろう

1件 の用語解説(芳村伊三郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村伊三郎(初代) よしむら-いさぶろう

1719-1808 江戸時代中期-後期の長唄唄方。
享保(きょうほう)4年生まれ。芳村派の祖。三味線方の初代杵屋(きねや)正次郎の唄の門弟。安永9年江戸市村座に初出演,天明7年立唄となる。寛政6年初代芳村伊十郎に2代をゆずり引退した。文化5年10月13日死去。90歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳村伊三郎(初代)の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)漂流町奉行チェコの要覧上田秋成検察ブルボン朝日本の国家公務員制度と天下りリヒテンシュタイン家

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone