コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若柳[町] わかやなぎ

百科事典マイペディアの解説

若柳[町]【わかやなぎ】

宮城県北部,栗原郡の旧町。町の中央を迫(はさま)川が東西に貫流する。古くから水稲を中心としてきたが,近年は畜産,園芸も行う。水害常襲地であったが上流に花山ダムが完成,良田となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかやなぎ【若柳[町]】

宮城県北端,栗原郡の町。人口1万5145(1995)。迫(はさま)川流域の低地を占め,北東は岩手県に接する。江戸時代は仙台藩領で,迫川の水運を利用した〈本石(ほんこく)米〉の集散地として栄え,周辺では藩の奨励により新田開発が積極的にすすめられた。明治以降は栗原郡東部の商業中心地となり,また仙北平野の西部,いわゆる金成(かんなり)耕土の一角を占め,良質米ササニシキの産地としても知られている。1960年代後半から工場誘致が進み,電子,自動車部品,縫製などの工場が立地する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android