茨城大学(読み)いばらきだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨城大学
いばらきだいがく

国立大学法人。水戸高等学校,多賀工業専門学校,茨城師範学校,茨城青年師範学校を統合して,1949年新制大学として開学,文理学部教育学部工学部を置いた。 1952年茨城県立農科大学を移管して農学部を設置,1967年文理学部を改組して人文学部,理学部,教養部としたのち,人文学部,教育学部,理学部,工学部,農学部の5学部となった。入学定員は 1570人 (2007) 。 1968年大学院設置。五浦美術文化研究所,地域総合研究所等を併設。本部所在地は茨城県水戸市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

茨城大学【いばらきだいがく】

水戸市に本部を置く国立大学。旧制水戸高校(1920年創立),多賀工専(1939年),茨城師範(1943年),同青年師範(1944年)を統合し,1949年新制大学として発足。1952年さらに県立農科大学(1949年創立)を合併。2004年4月より国立大学法人へ移行。人文・理・教育・工・農の各学部のほか,工業短大部がある(2012年4月現在)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茨城大学
いばらきだいがく

国立大学法人。旧制水戸高等学校、多賀高等工業学校、茨城師範学校、茨城青年師範学校を統合して、1949年(昭和24)に新制国立大学として発足した。設立当初、文理学部、教育学部、工学部の3学部編成であったが、1952年茨城県立農科大学(前身は霞ヶ浦(かすみがうら)農科大学)を農学部として統合した。1967年には文理学部を改組し人文学部と理学部を設置、同年教養部(1996年廃止)も新設した。2010年(平成22)時点で、5学部(人文学、教育学、理学、工学、農学)をもつ総合大学に発展している。大学院として4研究科(人文科学、教育学、理工学、農学、いずれも修士課程。理工学科は博士課程)がある。教育学部に教育実践総合センターが付設されている。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は茨城県水戸市文京2-1-1。[馬越 徹]
『茨城大学編・刊『茨城大学五十年史』(2000)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

茨城大学

[国立、茨城県水戸市]
[設置者]国立大学法人 茨城大学
[沿革・歴史]1949(昭和24)年5月、水戸高等学校・茨城師範学校・茨城青年師範学校・多賀工業専門学校を統合し、茨城大学を設置。2004(平成16)年4月、国立大学法人茨城大学となる。
[キャンパス]水戸キャンパス(水戸市)/日立キャンパス(日立市)/阿見キャンパス(稲敷郡阿見町)
[マーク類]ロゴマークは、茨城大学の広報・宣伝活動のシンボルとして作成されたもの。大学のイニシャル「I」の小文字をモチーフとし、「学問の灯」を表現。2005(平成17)年3月、商標登録済(第4849305号)。
[ブランド一覧]
4-mate | 和メロン | わらづと君
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いばらき‐だいがく【茨城大学】

茨城県水戸市に本部がある国立の大学。旧制水戸高校、多賀工業専門学校、茨城師範、茨城青年師範が合併して昭和二四年(一九四九)発足。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城大学の関連情報