草加[市](読み)そうか

百科事典マイペディアの解説

草加[市]【そうか】

埼玉県南東部の市。1958年市制。古利根川,綾瀬川の沖積低地を占める。中心市街は近世に日光街道宿場町として発達。東武鉄道伊勢崎線,東京外環自動車道,国道4号線が通じる。古くから草加せんべいの産地として知られ,皮革,ゆかたの地場産業もあったが,1960年頃からパルプ・紙,一般機械,金属製品などの中小工場が増加している。市制施行後1966年の地下鉄日比谷線と東武線の相互乗入れ,1967年の工業団地造成などで近郊都市として急速に発展した。27.46km2。24万3855人(2010)。
→関連項目独協大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうか【草加[市]】

埼玉県南東部,綾瀬川沿いの低地にある市。1958年市制。人口21万7930(1995)。江戸時代は日光道中(現,国道4号線)の宿場町として栄えた。江戸時代に開発された新田が多く,現在の清門町,長栄町の旧名は清右衛門新田,長右衛門新田である。草加せんべい,ゆかた染,なめし革などの特色ある地場産業で知られていたが,1899年東京浅草からの東武伊勢崎線開通後も穀倉地帯の地方町であった。しかし都心から20km圏にあるので,1962年の住宅公団草加松原団地(6000戸)への入居開始,66年の地下鉄日比谷線と東武線との相互乗入れ,67年の草加工業団地の造成などにより,住宅や工場が激増し,人口は1960‐70年に3.2倍に,70‐95年に1.8倍に増加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android