コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻[町] おぎ

2件 の用語解説(荻[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

荻[町]【おぎ】

大分県南部,直入(なおいり)郡の旧町。豊肥本線が通じる。阿蘇外輪山東斜面の一部を占め,阿蘇溶岩におおわれ,上部に厚い火山灰をのせている。開墾が進み,米作,野菜・花卉(かき)栽培,肉牛飼育が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おぎ【荻[町]】

大分県南西部,直入郡の町。人口3818(1995)。阿蘇外輪山東麓に位置し,西は熊本県に接し,ほかは竹田市に囲まれる。阿蘇溶岩におおわれ,西から東へゆるやかに傾斜する高原地帯で,農業を主とする。昭和初期に大野川上流の大谷川から引水する荻柏原井路が竣工し,一帯の水田化が進んだ。米作のほか,牛の飼育や高原野菜の栽培が盛んである。大野川源流に白水の滝で知られる陽目渓谷があり,付近ではカワノリが自生する。北部の新藤にある荻神社には湯立神事が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荻[町]の関連キーワード大分川竹田君津羽島美浜みなべ朝倉親為中川潜叟古庄敬一郎打猨

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone