コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊楽寺 ぶらくじ

4件 の用語解説(豊楽寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊楽寺
ぶらくじ

高知県大豊町にある真言宗の寺。薬師堂に安置する薬師,釈迦,阿弥陀像の3体のうち,『釈迦如来像』 (実際は薬師如来像) に仁平1 (1151) 年の銘があり,堂もこのときの建造と考えられる。四国には珍しい平安時代末期の寺で,薬師堂は国宝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

豊楽寺【ぶらくじ】

高知県長岡郡大豊町にある真言宗智山派の寺。行基の創建と伝える。薬師堂は平安時代の簡素な建物で,四国最古のもの。1151年の造像銘のある薬師如来座像釈迦如来座像,阿弥陀如来座像の3体が本尊となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

豊楽(ぶらく)寺

高知県長岡郡大豊町にある寺院。724年創建。宗派は真言宗智山派。平安時代末期に建立された薬師堂は国宝、本尊の薬師如来像は国の重要文化財に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊楽寺
ぶらくじ

高知県長岡郡大豊(おおとよ)町寺内にある真言(しんごん)宗智山(ちざん)派の寺。大田山大願院豊楽寺薬師堂と号する。本尊は薬師如来(にょらい)。俗に柴折(しばおり)薬師として知られ、日本三大薬師の一つ。724年(神亀1)行基(ぎょうき)の開創と伝えるが詳細は不明である。本堂である薬師堂は国宝に指定され、堂内には本尊薬師如来像、脇侍(きょうじ)に阿弥陀(あみだ)如来像と釈迦(しゃか)如来像(それぞれ国の重要文化財)がある。釈迦像の胎内銘が仁平(にんぺい)元年(1151)とあり、そのころの建立とみられる。境内には行基杖(つえ)かけの杉、腰かけ石などがある。[眞柴弘宗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の豊楽寺の言及

【大豊[町]】より

…町域の大部分は山林で,耕地は少ないが,養蚕を中心に米作,畜産,冷涼野菜の栽培,林業など,農・畜・林の複合経営による産業の振興をめざしている。国宝薬師堂を有する豊楽(ぶらく)寺,旧村名の大杉の起源となった日本一の杉の巨木(特天)がある。【萩原 毅】。…

※「豊楽寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone