コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原魚名 ふじわらのうおな

6件 の用語解説(藤原魚名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原魚名
ふじわらのうおな

[生]養老5(721)
[没]延暦2(783).7.25. 京都
奈良時代末期の廷臣。房前 (ふささき) の子。正二位,左大臣。延暦1 (782) 年氷上川継の謀反に連座し,大宰府へ配流の途次病のため召し返された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原魚名【ふじわらのうおな】

奈良時代の官人。藤原(北家)房前(ふささき)の子。光仁天皇の信任を得,桓武天皇即位後に正二位(しょうにい)左大臣兼大宰帥(だざいのそち)となる。782年氷上川継(ひかみのかわつぐ)の事件に連座して左大臣を免ぜられ,大宰府に下る途中病気となり,京に戻ることを許された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原魚名 ふじわらの-うおな

721-783 奈良時代の公卿(くぎょう)。
養老5年生まれ。北家藤原房前(ふささき)の5男。神護景雲(じんごけいうん)2年(768)参議。内大臣をへて天応元年(781)左大臣,正二位。翌2年氷上川継(ひかみの-かわつぐ)の事件で左大臣を免職,兼任の大宰帥(だざいのそち)として赴任の途中,都に召還された。延暦(えんりゃく)2年7月25日死去。63歳。没後処分は無効とされ,ふたたび左大臣をおくられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原魚名

没年:延暦2.7.25(783.8.27)
生年:養老5(721)
奈良時代の貴族。藤原房前の5男で,母は房前の異母妹片野朝臣か。別称川辺(河辺)大臣。天平20(748)年,従五位下。その後,備中守,上総守,宮内卿,大蔵卿を歴任し,神護景雲2(768)年参議に任じられた。以後,大納言で中務省,近衛府,大宰府(太宰府市)の3長官を兼ね,内臣,忠臣(内臣の改称),内大臣を経て天応1(781)年に左大臣兼大宰府長官。翌年,氷上川継の事件に連座して大臣を罷免され,その後病没。仏教信仰が厚く,『延暦僧録』には守真居士としてその伝がみえる。

(増渕徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのうおな【藤原魚名】

721‐783(養老5‐延暦2)
奈良時代末の官人。藤原房前(ふささき)の子。748年(天平20)従五位下侍従となり,翌年八幡神の入京に際しては迎神使となった。以後備中,上総などの国守を経て766年(天平神護2)従三位,768年(神護景雲2)には参議となる。ついで光仁朝には藤原氏の式家が隆盛を誇るなかで,北家の出ではあるが天皇の信任を得た。すなわち正三位大納言,中務卿を経て777年(宝亀8)には従二位近衛大将,79年には内大臣となり,781年(天応1)桓武天皇即位後には左大臣兼大宰帥となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原魚名
ふじわらのうおな
(721―783)

奈良朝後期の政治家。北家(ほっけ)の祖藤原房前(ふささき)の五男。748年(天平20)に従(じゅ)五位下に叙せられ、大蔵卿(おおくらきょう)、参議、大納言(だいなごん)、内臣(ないしん)、忠臣、内大臣となり、主として光仁(こうにん)朝に活躍し、さらに桓武(かんむ)朝になっても781年(天応1)6月には左大臣兼大宰帥(だざいのそち)となった。しかし翌年の氷上川継(ひかみのかわつぐ)事件後まもなく、突然左大臣を免ぜられ、大宰府に赴く途中摂津国で病気となり、別邸にとどまることを許された。さらにその翌年都に召還されたが、ほどなくして死去した。死後ふたたび左大臣を贈られ、また先の左大臣免官は無効なものとして解官(げかん)の詔勅、官符などはことごとく焼却せしめた。その子鷲取(わしとり)、末茂(すえしげ)、藤成(ふじなり)らの子孫は後世まで長く続いた。[福井俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原魚名の関連キーワード藤原夫人藤原永手板野命婦藤原北夫人藤原楓麻呂藤原縄麻呂藤原鳥養藤原執弓藤原御楯牟漏女王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone