コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島の戦い ふじしまのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤島の戦い
ふじしまのたたかい

延元3=暦応1 (1338) 年越前国吉田郡藤島で行われた新田義貞斯波高経との戦い。延元1=建武3 (36) 年 10月義貞は恒良親王,尊良親王を奉じて北陸へ去り,敦賀の気比神社宮司に迎えられ金崎城を拠点に越後,上野,陸奥などとの連絡をはかり,勢力挽回に努めたが,斯波軍次いでその援軍高師泰に攻囲されて,翌年3月金崎城は陥落。義貞は同地の北方杣山 (そまやま) 城へ逃れ,加賀の土豪を味方に次第に勢力を挽回,越前国府を占領,翌年閏7月さらに黒丸城に斯波高経を攻めようとした。その途上,藤島城にこもる平泉寺衆徒と戦って流れ矢に倒れ,南朝方の北陸経営は挫折した。 (→南北朝時代 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじしまのたたかい【藤島の戦い】

1338年越前国藤島(現福井市)付近で行われた新田義貞軍と斯波高経しばたかつね軍との合戦。新田義貞は討死し、南朝は大きな打撃を受けた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤島の戦い
ふじしまのたたかい

1338年(延元3・暦応1)越前(えちぜん)国藤島(福井県福井市)付近で、新田義貞(にったよしさだ)の南軍と斯波高経(しばたかつね)の北軍の間で行われた合戦。北国の南軍は、37年(建武4・延元2)3月の金ヶ崎(かながさき)城(福井県敦賀(つるが)市)の陥落によっていったんは大打撃を受けたが、のち、新田義貞らの活躍によってしだいに勢力を挽回(ばんかい)した。翌年2月、脇屋義助(わきやよしすけ)は、3000の兵をもって、斯波高経の拠(よ)る越前(えちぜん)の国府(こくふ)城を奪い、ついで新田軍は、高経の本城である黒丸城を攻撃するに至った。この新田軍には平泉(へいせん)寺の衆徒が参加していたが、彼らは、長年にわたって延暦(えんりゃく)寺と係争中であった藤島荘(しょう)の交付を条件に、高経方への協力を申し出た。高経はこの要求を受け入れ、衆徒らが足利(あしかが)軍へと内応するや、彼我の勢力は一挙に逆転した。同年閏(うるう)7月2日、新田義貞は黒丸城を攻撃しようとして、燈明(とうみょう)寺に3万余騎の兵を集めた。平泉寺衆徒は、黒丸城支城の一つである藤島城にこもって激しく抵抗した。この日の夕刻、義貞は、藤島城を包囲している味方の士気を鼓舞しようと、わずかな手兵を率いて藤島城へと向かったが、燈明寺畷(なわて)において、黒丸城から藤島城救援のために行進中の細川孝基(たかもと)の率いる歩射(ぶしゃ)部隊と遭遇し、激戦のすえ、矢疵(やきず)を負って自刃した。この結果、新田軍は壊滅し、同時に北国の南軍も一挙にその勢力を失うに至ったのである。[佐藤和彦]
『佐藤進一著『日本の歴史9 南北朝の動乱』(1965・中央公論社) ▽奥富敬之著『上州 新田一族』(1984・新人物往来社) ▽佐藤和彦著『自由狼藉・下剋上の世界』(1985・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤島の戦いの関連キーワード燈明寺畷新田義貞戦没伝説地

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android