コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島の戦い ふじしまのたたかい

3件 の用語解説(藤島の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤島の戦い
ふじしまのたたかい

延元3=暦応1 (1338) 年越前国吉田郡藤島で行われた新田義貞斯波高経との戦い。延元1=建武3 (36) 年 10月義貞は恒良親王尊良親王を奉じて北陸へ去り,敦賀の気比神社宮司に迎えられ金崎城を拠点に越後,上野,陸奥などとの連絡をはかり,勢力挽回に努めたが,斯波軍次いでその援軍高師泰に攻囲されて,翌年3月金崎城は陥落。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふじしまのたたかい【藤島の戦い】

1338年越前国藤島(現福井市)付近で行われた新田義貞軍と斯波高経しばたかつね軍との合戦。新田義貞は討死し、南朝は大きな打撃を受けた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤島の戦い
ふじしまのたたかい

1338年(延元3・暦応1)越前(えちぜん)国藤島(福井県福井市)付近で、新田義貞(にったよしさだ)の南軍と斯波高経(しばたかつね)の北軍の間で行われた合戦。北国の南軍は、37年(建武4・延元2)3月の金ヶ崎(かながさき)城(福井県敦賀(つるが)市)の陥落によっていったんは大打撃を受けたが、のち、新田義貞らの活躍によってしだいに勢力を挽回(ばんかい)した。翌年2月、脇屋義助(わきやよしすけ)は、3000の兵をもって、斯波高経の拠(よ)る越前(えちぜん)の国府(こくふ)城を奪い、ついで新田軍は、高経の本城である黒丸城を攻撃するに至った。この新田軍には平泉(へいせん)寺の衆徒が参加していたが、彼らは、長年にわたって延暦(えんりゃく)寺と係争中であった藤島荘(しょう)の交付を条件に、高経方への協力を申し出た。高経はこの要求を受け入れ、衆徒らが足利(あしかが)軍へと内応するや、彼我の勢力は一挙に逆転した。同年閏(うるう)7月2日、新田義貞は黒丸城を攻撃しようとして、燈明(とうみょう)寺に3万余騎の兵を集めた。平泉寺衆徒は、黒丸城支城の一つである藤島城にこもって激しく抵抗した。この日の夕刻、義貞は、藤島城を包囲している味方の士気を鼓舞しようと、わずかな手兵を率いて藤島城へと向かったが、燈明寺畷(なわて)において、黒丸城から藤島城救援のために行進中の細川孝基(たかもと)の率いる歩射(ぶしゃ)部隊と遭遇し、激戦のすえ、矢疵(やきず)を負って自刃した。この結果、新田軍は壊滅し、同時に北国の南軍も一挙にその勢力を失うに至ったのである。[佐藤和彦]
『佐藤進一著『日本の歴史9 南北朝の動乱』(1965・中央公論社) ▽奥富敬之著『上州 新田一族』(1984・新人物往来社) ▽佐藤和彦著『自由狼藉・下剋上の世界』(1985・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤島の戦いの関連キーワード洞院実世延元藤島神社灯明寺畷瓜生照高倉永季堀口貞満東大寺開田図藤島の戦越前国一宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone