衣帯(読み)いたい

精選版 日本国語大辞典「衣帯」の解説

い‐たい【衣帯】

〘名〙
① 身につけている
※多聞院日記‐天文一一年(1542)閏三月二八日「帯百廿五文に一筋買了」 〔古詩十九首
② 着物と帯。転じて、装束、着衣。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「天皇不予。太子不衣帯。日夜侍病」 〔管子‐弟子職〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「衣帯」の解説

えたい【衣帯】

仏事の儀容的服装。僧尼の日常の服装は通常含めない。衣帯は・派により名称,形状,用途が異なることが多いので,ここでは共通する事項についてのみ述べる。衣帯の基本は法衣(ほうえ)(いわゆる衣(ころも))と袈裟(けさ)で,それに(かぶ)り物,履き物,持ち物等の付属品が加わる。衣帯を着けるには,下着として通常,白小袖(しろこそで)を着用し,その上に(はかま)の類をはき,法衣を着け,袈裟を掛けるが,袴類を用いない衣帯もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「衣帯」の解説

【衣帯】いたい

衣服と帯。〔文選、古詩十九首、一〕ひ去ること日に已(すで)にく 衣帶日に已に(ゆる)し

通「衣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の衣帯の言及

【帽子】より

…白羽二重などの幅広く長い裂地(きれじ)の両端を縫い合わせて輪状にしたもので,これを畳んで形を整え,首をとおして襟に掛ける。防寒用の被服から出発して儀礼の衣帯(えたい)となったものなので,一定の資格以下の者は使用できないとか,夏季には使用しないとか,宗派によるきまりがある。また管長その他の高位の僧が頭上からかぶる宗派もある。…

※「衣帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android