コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袱紗 ふくさ

6件 の用語解説(袱紗の意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

袱紗

正方形の絹布のこと。冠婚葬祭の様々な場面で進物の上に掛けたり、包んだりするのに使用します。家紋を入れておくのが正式。冠婚葬祭でよく使用されるものなので結納に限らず、揃えておきましょう。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふく‐さ【××紗/服×紗/××紗】

儀礼用の方形の絹布。絹・縮緬(ちりめん)などで一重または二重に作り、無地やめでたい柄・刺繍(ししゅう)を施したもの。進物の上に掛けたり、物を包んだりするのに用いる。掛け袱紗。包み袱紗。
茶の湯で、茶道具をぬぐい清めたり、茶碗その他の器物を扱うのに用いたりする、縦9寸(約27センチ)横9寸5分(約29センチ)の絹布。
糊(のり)を引いていない絹。やわらかい絹。
「その羽を蒸して―のきぬにて押しければ」〈十訓抄・七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

袱紗【ふくさ】

帛紗,服紗とも。羽二重,縮緬(ちりめん)などでつくった方形の布。単(ひとえ)と袷(あわせ)の2種。点前(てまえ)のとき茶具をぬぐう茶袱紗,進物などの上に掛ける掛袱紗などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふくさ【袱紗】

元来,柔らかな手触りのよいことを指し,《日葡辞書》では〈袱紗物〉〈袱紗絹〉などとともに〈袱紗な人〉(物柔らかで人あたりのよい人)の用例もみえる。一般には茶の湯に用いる方形の縮緬や絹布をいい,表裏2枚合せたものや1枚物がある。服紗,覆紗,帛紗などと書かれ,それぞれの使途によって使い分けられている。服紗小袖,袱紗帯のごとく柔らかな絹布で作ったもの,風呂敷または掛袱紗のように進物や貴重品を包んだり覆う用途のもの,あるいは袱紗料理のごとく本膳でない略式のものを指すこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袱紗
ふくさ

帛紗,服紗とも書く。絹製の方形の布。茶袱紗は紫や赤に染めた塩瀬などを方 27cm程度のやや縦長に袷 (あわせ) 仕立てにする。茶器を清め拭い,また器物拝見のとき下に敷くのに用いる。掛袱紗は織り,染め,刺繍などの模様のある縮緬 (ちりめん) や綸子 (りんず) で作り,進物の上に掛け,あるいは器物を包む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袱紗
ふくさ

元来は錦(にしき)、唐織(からおり)のようなこわい裂地(きれじ)に対して、絹、縮緬(ちりめん)のような柔らかい裂地のことをさす。帛紗、服紗、覆紗などとも書く。祝儀の際に重箱の上や、進物の上にかけるのを掛け袱紗という。あるいは祝儀や不祝儀のおりに金包みを包んだり、財布などの懐中物を包んだりするのを包み袱紗というが、これは比較的小ぶりにつくられている。また江戸時代、服装の世界で袱紗は略式のものとされ、縮緬でつくった着物を袱紗小袖(こそで)といった。[遠藤 武]
 茶道で使用する袱紗は、茶器をぬぐい清めたり、拝見のときなどに茶器の下に敷いたりする。布地は塩瀬(しおぜ)を最上とし、羽二重(はぶたえ)、斜子(ななこ)、名物裂(めいぶつぎれ)なども使う。色は紫、緋(ひ)、黄、唐茶(からちゃ)などがあり、通常紫色は男子用、緋色は女子用とされる。現在使用されている30センチメートル角の基本形ができあがったのは千利休(せんのりきゅう)の時代のことであり、妻宗恩(そうおん)の創意になると伝えている。茶の湯において袱紗が使用された最初は、南浦紹明(なんぽじょうみょう)が後伏見(ごふしみ)上皇へ茶を献じたときであるという(近松茂矩(ちかまつしげのり)『茶湯古事談(ちゃのゆこじだん)』)。種類には茶袱紗、使い袱紗、出し袱紗、小(こ)袱紗などがあるが、流儀によってその使われ方は異なる。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袱紗の関連キーワードソフト足触り手触り手柔らか肌触り物柔らか柔らか物善い哉柔らか柔らかな頬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袱紗の関連情報