コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判事務心得 さいばんじむこころえ

2件 の用語解説(裁判事務心得の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁判事務心得
さいばんじむこころえ

明治8年太政官布告 103号。 1875年6月8日制定された法令。その第3条に「民事ノ裁判ニ成文ノ法律ナキモノハ習慣ニ依リ,習慣ナキモノハ,条理ヲ推考シテ裁判スヘシ」と定めて,慣習が成文法のない場合の第2次裁判規範であることを明言する (これ以前でも同様の扱いはなされていた) とともに,条理が成文法,慣習法に次いで第3の法源とされていることが重要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裁判事務心得
さいばんじむこころえ

明治8年(1875)6月8日輪廓(りんかく)附太政官(だじょうかん)布告第103号で示された全5条からなる裁判事務の心得をいう。
第一条 一 各裁判所ハ民事刑事共法律ニ従ヒ遅滞ナク裁判スヘシ疑難アルヲ以(もっ)テ裁判ヲ中止シテ上等ナル裁判所ニ伺出ルコトヲ得ス但シ刑事死罪終身懲役ハ此例ニアラス
第二条 一 凡(およ)ソ裁判ニ服セサル旨申立ル者アル時ハ其(その)裁判所ニテ弁解ヲ為(な)スヘカラス定規ニ依(よ)リ期限内ニ控訴若(もし)クハ上告スヘキコトヲ言渡スヘシ。
第三条 一 民事ノ裁判ニ成文ノ法律ナキモノハ習慣ニ依リ習慣ナキモノハ条理ヲ推考シテ裁判スヘシ。
第四条 一 裁判官ノ裁判シタル言渡ヲ以テ将来ニ例行スル一般ノ定規トスルコトヲ得ス。
第五条 一 頒布セル布告布達ヲ除クノ外諸官省随時事ニ就テノ指令ハ将来裁判所ノ準拠スヘキ一般ノ定規トスルコトヲ得ス。
――としていた。明治13年(1880)第37号布告により刑事に係る廉(かど)は消滅した。[内田一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の裁判事務心得の言及

【条理】より

…一般には,物事のすじみち・道理という意味であり,法律上でも,ほぼこのように用いられるが,法特有の意味がある。 1875年太政官布告〈裁判事務心得〉3条は,〈民事ノ裁判ニ成文ノ法律ナキモノハ習慣ニ依リ習慣ナキモノハ条理ヲ推考シテ裁判スヘシ〉と規定し,条理をもって民事裁判の基準とすべき旨を定めた。この布告が現在でも法律としての効力をもっているかどうかは問題であるが,学説は,一般に,この規定の精神を根拠として,条理を,制定法,慣習に次ぐ私法法源の一つと考えている。…

※「裁判事務心得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

裁判事務心得の関連キーワード右院紀元節旧刑法条理仇討ち国有地太政官牒太政官布告布告双子の日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone