コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補佐人 ほさにん Beistand

6件 の用語解説(補佐人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補佐人
ほさにん
Beistand

(1) 刑事訴訟において被告人を補助する者をいう。被告人の法定代理人,保佐人,配偶者,直系の親族および兄弟姉妹は届け出ればいつでも補佐人となることができる。補佐人は被告人の明示した意思に反しないかぎり,被告人のなしうるすべての訴訟行為をなすことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほさ‐にん【補佐人/×輔佐人】

補佐する人。
(補佐人)刑事訴訟法上、被告人と一定の身分関係にある者で、審級ごとに裁判所に届け出て被告人を補助し、その利益を保護する者。
(輔佐人)民事訴訟法上、裁判所の許可を得て、当事者訴訟代理人などに付き添って期日に出頭し、その陳述を補助する者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

補佐人【ほさにん】

(1)刑事訴訟法上,被告人の補助者の一つ。被告人の法定代理人保佐人,配偶者,直系の親族,兄弟姉妹は裁判所に届け出て補佐人となり,被告人がなし得る訴訟行為をすることができる(刑事訴訟法42条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほさにん【補佐人】

民事訴訟法と,刑事訴訟法とでは意味が異なる。(1)民事訴訟においては,当事者またはその訴訟代理人とともに期日に出頭し,それらの者の陳述を補助する者をいう(民事訴訟法60条)。旧民事訴訟法(88条)では〈輔佐人〉と表記した。いずれの裁判所の手続においても認められ,弁護士である必要もないが,その裁判所の許可を得ることが必要である。この制度は,高度の専門的・技術的知識が必要となる訴訟(たとえば,特許権侵害に基づく損害賠償請求訴訟など)において,当事者が適切な主張を展開しようとする場合などに有効である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほさにん【補佐人】

民事訴訟法上、訴訟当事者・訴訟代理人とともに期日に出頭し、その者の陳述を補助する者。輔佐人。
刑事訴訟法上、被告人と一定の関係にあり、その補助にあたる者。被告人のなしうる訴訟行為を独立して行うことができる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

補佐人
ほさにん

訴訟上の用語としては、刑事訴訟と民事訴訟では意味が異なる。また、国会における証人喚問においても、議院証言法に補佐人についての定めがある。[内田一郎]

刑事訴訟における補佐人

被告人の補助者の一種であり、被告人との身分関係に基づき被告人の利益を保護し、弁護に共働する者をいう。被告人の法定代理人、保佐人、配偶者、直系の親族および兄弟姉妹は、審級ごとに、書面による届出をして、いつでも補佐人となることができる。補佐人は被告人の明示した意思に反しない限り、原則として、被告人がすることのできる訴訟行為をすることができる(刑事訴訟法42条)。[内田一郎]

民事訴訟における補佐人

当事者・法定代理人または訴訟代理人とともに、期日に出頭して口頭の陳述をなし、その者を補助する者をいう(民事訴訟法60条1項)。旧民事訴訟法第88条では「輔佐人」と表記していた。補佐人となりうる者の資格については、なんの制限もなく、だれでも裁判所の許可を得て補佐人になれるが、その許可は、裁判所において、いつでも自由に取り消すことができる(同法60条2項)。補佐人は、当事者またはその代理人とともに期日に出頭した場合にだけ訴訟行為をすることができる。そして補佐人の陳述は、本人たる当事者、または代理人が取り消し、または更正しない場合に限り、直接当事者本人に対して、その効力を生ずる(同3項)。[内田武吉・加藤哲夫]

議院証言法上の補佐人

国会で喚問される証人の人権保護を目的として、1988年(昭和63)の議院証言法改正により、証人は、各議院の議長もしくは委員長または両議院の合同審査会の会長の許可を得て、補佐人を選任することができるようになった。補佐人は、「弁護士のうちから選任するようにするものとする」とされ、証人の求めに応じ、宣誓および証言の拒絶に関する事項に関し、助言することができる(議院証言法1条の4)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補佐人の関連キーワード証拠物即時抗告訴訟記録訴訟要件手続法民事訴訟法民事法形式法再抗告司法法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

補佐人の関連情報