コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ノ海嘉治郎(初代) にしのうみ・かじろう

朝日日本歴史人物事典の解説

西ノ海嘉治郎(初代)

没年:明治41.11.30(1908)
生年:安政2.1.3(1855.2.19)
明治時代の力士。16代横綱。薩摩国(鹿児島県)高城郡麓村生まれ。本名小園嘉治郎。横綱は従来地位ではなく大関中の強豪力士に与えられる称号で,番付面では単に大関と記されていたが,明治23(1890)年初代西ノ海が横綱を許されたとき,初めて番付に横綱と表記された。初め京都相撲に加入し,明治14年上京して高砂の門に入り幕下付け出しでスタート。15年入幕。17年大関に昇進。175cm,128kg。きめ出しが得意の大まかな取り口で目立つ記録はないが,横綱に推挙されたのは薩摩出身で有力後援者に恵まれたこと,実力者高砂浦五郎(初代)の門弟であったことによるもので,「藩閥横綱」と評された。引退後は井筒を襲名し,逆鉾与治郎,駒ケ岳国力,2代西ノ海嘉治郎らを育てた。<参考文献>池田雅雄『歴代横綱正伝』

(水野尚文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

西ノ海嘉治郎(初代)の関連キーワード西ノ海 嘉治郎(2代目)西ノ海 嘉治郎(3代目)11月2日1月3日2月6日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android