西寒多神社(読み)ササムタジンジャ

百科事典マイペディアの解説

西寒多神社【ささむたじんじゃ】

大分市大字寒田(そうだ)に鎮座。旧国幣中社。西寒多神(天照大神)をまつる。応神天皇の時,西寒多山上に社殿を建てたと伝える。本殿は大社造。延喜式内の大社に比定され,豊後(ぶんご)国の一宮。例祭は4月15日。33年ごとに神衣(かんみそ)祭(神衣を新調する神事)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

西寒多(ささむた)神社

大分県大分市、西寒多山の麓にある神社。延喜式内社。祭神は月読尊(つきよみのみこと)・西寒多大神(ささむたのおおかみ)(天照大神)・天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)。豊後国一之宮。フジの花の名所。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西寒多神社
ささむたじんじゃ

大分市大字寒田(さむた)に鎮座。祭神は、西寒多大神を主祭神とし、天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、月読尊(つきよみのみこと)、大直日神(おおなおびのかみ)、神直日(かむなおび)神、天思兼(あめのおもいかね)神を配祀(はいし)する。豊後一宮(ぶんごいちのみや)。『三代実録』(901)に「豊後国无位(むい)西寒多神従(じゅ)五位下」とあり、『延喜式(えんぎしき)』(927)神名帳(じんみょうちょう)に「西寒多神社」とある。戦国期には領主大友氏の崇敬厚く、江戸時代は藩主松平氏によって、社殿の造営や改築がたびたび行われた。1871年(明治4)国幣中社に列格、以前は西寒神社とされていたが、現在、西寒としている。例祭日4月15日。[落合偉洲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ささむた‐じんじゃ【西寒多神社】

大分市寒田(そうだ)にある神社。旧国幣中社。祭神は月読尊(つきよみのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、天忍穂耳命(あまのおしほみみのみこと)ほか。応神天皇九年、武内宿禰が創建したと伝えられる。中世以後大友氏など領主の崇敬をうけた。豊後国一の宮。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android