コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮相 ヒソウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐そう〔‐サウ〕【皮相】

[名・形動]
物事の表面。うわべ。うわっつら。
「西洋文明の―を模倣するのみで」〈藤村夜明け前
うわべだけを見て判断し、物事の本質に至らないこと。また、そのさま。「皮相見解

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひそう【皮相】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
物事の表面。うわべ。うわっつら。
うわべだけにとらわれて、判断する・こと(さま)。 「 -な見方」 「 -の見けん」 「今、世間の事物を-すれば/文明論之概略 諭吉
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

皮相の関連キーワードバタイユ(Henry Bataille)トレント最後の事件J. クラルシーハーゲスハイマーボルトアンペア民主主義と教育ドゥイノの悲歌シノワズリー人間の権利カスラビー日本風景論安水稔和モーリツ教条主義落合直文交流電力三木竹二クィネル欧化主義然れども

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android