皮相(読み)ひそう

精選版 日本国語大辞典「皮相」の解説

ひ‐そう ‥サウ【皮相】

〘名〙 (形動) 表面に現われた現象。うわべ。うわっつら。転じて、真相を見きわめないで、表面だけで判断を下すこと。また、その判断やそのさま。皮層。
※新撰字解(1872)〈中村守男〉「皮相 ヒサウ ミカケバカリデ人ヲミタテル」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「一時其人の挙動を皮相して遽に其心事を判断す可らざるなり」 〔韓詩外伝‐巻一〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「皮相」の解説

ひ‐そう〔‐サウ〕【皮相】

[名・形動]
物事の表面。うわべ。うわっつら。
「西洋文明の―を模倣するのみで」〈藤村夜明け前
うわべだけを見て判断し、物事の本質に至らないこと。また、そのさま。「皮相見解

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android