猫を被る(読み)ネコヲカブル

デジタル大辞泉の解説

猫(ねこ)を被(かぶ)・る

うわべをおとなしく見せかける。「入社当時は―・ってしとやかそうだった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

猫を被る

本性を隠しておとなしそうに見せること。また、知っていながら知らないふりをすること。一見おとなしそうに見えることから。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ねこをかぶる【猫を被る】

本性を隠しておとなしそうに振る舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねこ【猫】 を 被(かぶ)

本性をかくしておとなしそうに見せる。また、知っていながら知らないふりをする。
※歌舞伎・盲長屋梅加賀鳶(1886)七幕「わたしも初めはお前のやうに猫(ネコ)をかぶって遣って見たが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android