浅はか(読み)あさはか

精選版 日本国語大辞典「浅はか」の解説

あさ‐はか【浅はか】

〘名〙 (形動) (「はか」は量の意かという。「墓」はあて字)
① 物の深度、奥行などが少ないさま。奥まった場所でないさま。
※枕(10C終)九九「屋のさまもはかなだち、廊めきて端ぢかにあさはかなれど、をかしきに」
② 考えが不十分なさま。思慮が足りないさま。また、心持などが浅薄なさま。考えに深みのないさま。
源氏(1001‐14頃)朝顔「あさはかなる筋など、もて離れ給へりける人の御心を、あやしくもありける事どもかな」
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「返す返すも浅慮(アサハカ)の至り」
③ 通り一遍の、あっさりとしたさま。たいしたことでもないさま。かりそめ。
※源氏(1001‐14頃)須磨「『いける世のわかれを知らで〈略〉はかなし』など、あさはかに聞こえなし給へば」
あさはか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浅はか」の解説

あさ‐はか【浅はか】

[形動][文][ナリ]
思慮の足りないさま。「浅はかな考え」「浅はかにも口車に乗ってしまった」
空間的に奥行きの浅いさま。
「―なる(ひさし)の軒は」〈・夕霧〉
深みがなく、あっさりしているさま。軽々しいさま。
「よろづに思ひ乱るれど、ひたぶるに―ならむもてなし」〈・宿木〉
[補説]「浅墓」と書くのは当て字。
[派生]あさはかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例