コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繕う ツクロウ

デジタル大辞泉の解説

つくろ・う〔つくろふ〕【繕う】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「つく(作)る」の未然形に反復継続の助動詞「ふ」の付いた「つくらふ」の音変化》
衣服などの破れ損じたところや物の壊れた箇所を直す。補修する。「ほころびを―・う」「垣根を―・う」
乱れた身なりなどを整える。整え装う。「髪を―・う」
外・はたから見た感じがいいように、体裁をよくする。「世間体(せけんてい)を―・う」
ぐあいの悪いことや過失を隠して、うまくその場をとりなす。「その場をなんとか―・ってごまかす」
病気の手当てをする。
「御風邪よく―・はせ給へ」〈浮舟
[可能]つくろえる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくろう【繕う】

( 動五[四] )
〔動詞「作る」に接尾語「ふ」の付いた「つくらふ」の転〕
破れたりこわれたりしている所をなおす。修理する。修繕する。 「靴下を-・う」
見ておかしくないように外見をととのえる。乱れをなおす。 「髪を-・う」 「身なりを-・う」
失敗などがわからないようにうわべをととのえる。 「その場を-・って言い逃れる」 「世間体を-・う」
病気や傷を治療する。手当てする。 「とかく-・ひたれど、足の裏動かれず/源氏 玉鬘
[可能] つくろえる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

繕うの関連キーワード掛け接ぎ・掛け矧ぎ鋳留め・鋳留甲午農民戦争粉飾決算問題威儀を正す見栄を張る仮面を被る膏薬張り畠山箕山世を張るけつらう黒める二人袴絡繰る口清し垣・牆未然形埋め木繕い物捨て子

繕うの関連情報