コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触法少年 しょくほうしょうねん

5件 の用語解説(触法少年の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

触法少年
しょくほうしょうねん

刑罰法令にふれる行為をした 14歳未満の少年をいう (少年法3条1項2号) 。 14歳未満の少年は刑事責任能力を有しないから,刑罰法令にふれる行為をしても処罰を受けることはない。しかし,このような行為をした少年の保護育成のために,児童福祉法に基づき,福祉事務所長,児童相談所長または都道府県知事が適当な措置をとることが認められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょくほう‐しょうねん〔シヨクハフセウネン〕【触法少年】

刑罰法令に触れる行為をして警察に補導された14歳未満の者。児童福祉法上の措置にまかされるが、家庭裁判所の審判に付される場合もある。→非行少年

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

触法少年【しょくほうしょうねん】

14歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした少年をいう。刑罰は受けないが,児童福祉法により児童自立支援施設(旧教護院)などに収容される。時に知事または児童相談所長からの送致をまって家庭裁判所の審判により保護処分の決定をされることがある。
→関連項目少年法非行少年

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しょくほうしょうねん【触法少年】

一四歳未満で刑罰法令にふれる行為をした少年。少年法の対象となる。 → 犯罪少年

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

触法少年
しょくほうしょうねん

少年法で規定される非行少年の一種。規定は14歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした少年を少年審判に付するとしている。ここでいう少年はまず、児童福祉法の対象になる。刑法ではどのような犯罪が行われても、14歳未満の者は刑事未成年とされているので、刑事責任能力がないものとして刑事処分を科されることはなく、保護手続の対象となるのみである。事件を発見した者には、少年の保護者の監督が不適当であるかあるいは少年に保護者がいないというときは、児童相談所または福祉事務所に通告する義務がある。したがって、審判が行われるのは都道府県知事や児童相談所長からの送致があったときに限られている。少年院法では少年院は14歳未満の触法少年を収容することができなかったが、2007年(平成19)に年齢下限が改正されて、おおむね12歳以上の少年が収容可能となった。しかし、通常は触法少年の身柄についての強制的な取扱いとしては、児童福祉法上の措置としての一時保護児童養護施設あるいは児童自立支援施設に収容することとなる。なお、近年の法改正で警察の調査権限が拡大されている。[渡辺則芳]
『近畿弁護士会連合会少年問題対策委員会編『非行少年の処遇――少年院・児童自立支援施設を中心とする少年法処遇の現状と課題』(1999・明石書店) ▽山口幸博著『「精神障害者の犯罪」を考える――精神障害者の触法問題緒論』(2001・鳥影社) ▽藤吉和史著『少年犯罪と触法行為者』(2005・成文堂) ▽小林英義著『児童自立支援施設の教育保障――教護院からの系譜』(2006・ミネルヴァ書房) ▽斉藤豊治著『少年法研究2 少年法改正の検討』(2006・成文堂) ▽渡邊一弘著『少年の刑事責任――年齢と刑事責任能力の視点から』(2006・専修大学出版局) ▽澤登俊雄著『少年法入門』第4版(2008・有斐閣) ▽守山正・後藤弘子編著『ビギナーズ少年法』第2版補訂(2009・成文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の触法少年の言及

【少年審判】より

…(1)犯罪少年 14歳以上で罪を犯し,現在20歳未満の者。(2)触法少年 14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした者。(3)虞犯(ぐはん)少年 性格,環境に照らして,将来罪を犯し,または刑罰法令に触れる行為をするおそれのある少年。…

【非行】より

…その行為の主体者を非行者delinquentといい,少年にも成人にもあてはまるが,一般には青少年の反規範行為に対して用いられ,〈少年非行juvenile delinquency〉という場合が多い。日本の少年法では,(1)14歳以上20歳未満で刑法に触れる罪を犯した少年を〈犯罪少年〉,(2)14歳未満で刑法に触れる行為をした少年を〈触法少年〉,(3)保護者への反抗や不良交遊等の傾向が強く将来罪を犯すおそれのある少年を〈虞犯(ぐはん)少年〉と規定している。
[少年非行の動向と特徴]
 第2次大戦後における少年非行の推移を刑法犯検挙人員の人口比(人口1000人に対する割合)でみると,三つの大きな波がみられる。…

※「触法少年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

触法少年の関連キーワード正当行為少年審判白地刑法正当業務行為児童買春児童買春処罰法刑罰法令非行事実14歳未満の非行法令による行為

触法少年の関連情報