設(漢字)

普及版 字通「設(漢字)」の解説


常用漢字 11画

[字音] セツ
[字訓] もうける・つらねる・おく

[説文解字]

[字形] 会意
言+(しゆ)。〔説文〕三上に「施陳するなり」と礼器などを陳設する意とし、「言に從ひ、殳に從ふ。殳は人をふなり」とする。殳は羽(うすい)(羽で作った呪飾)をもつ形で、誓約や祈を示す言に、その呪飾をそえる意とみられ、祭祀の場を定することを示す字であろう。〔詩、大雅、行〕「を肆(つら)ね席を設く」のように用いる。のち設色・設心・設言など、すべてことを用意することをいう。

[訓義]
1. もうける、ならべる、つらねる、おく、ほどこす、こしらえる。すべて神事に関する設営のことをいう。
2. うたげする、ごちそう。
3. 大きい、あわせる。
4. 仮設、もし、たとい、かりに。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕設 マウク・タトヒ・ヲサム・モシ・シク・マヌガル 〔字鏡集〕設 ヲサム・ホドコス・カナフ・タトヒ・ノブ・マヌガル・ユルス・マウク・アフ・オク・シク・モシ

[語系]
設sjiat、施sjiaiは声義近く、施に施設・施陳の意がある。殳・zjioは同声。(しゆ)は鳥の短尾、をもつ形は殳、それを呪飾として用いるのが設、神事について設営することをいう。

[熟語]
設以・設為・設・設科・設官設疑・設教・設刑・設計・設険・設言設弧設詐・設斎・設施・設若・設如・設・設色・設心設穽・設・設席設饌・設題・設置・設・設帳・設難・設版・設備設覆・設伏・設法設謀・設問設容設慮
[下接語]
仮設・佳設・架設・開設・既設・鬼設・急設・虚設・供設・建設・公設・私設・施設・従設・常設・新設・創設・造設・増設・拓設・張設・陳設・設・付設・布設・敷設・併設・舗設・方設・法設・埋設

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android