コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川静 しらかわしずか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白川静
しらかわしずか

[生]1910.4.9.福井,福井
[没]2006.10.30.京都,京都
中国学者。中国古代社会・中国古代文学を漢字の語源研究を通じて民俗学的に明らかにし,同時に日本古代文学との優れた比較研究を行なった。1943年立命館大学法文学部漢文学科を卒業,1954年同大学文学部教授,1981年同大学名誉教授。1962年文学博士号取得。2005年に私財を提供し,立命館大学に白川静記念東洋文字文化研究所が設立された。時代,時代の甲骨文字金石文の体系的研究を行ない,その業績は『白川静著作集』(全12巻)や,独創的基本文字研究として金石文に詳細な注解を加えた『白川静著作集』別巻「金文通釈」(全7巻),漢字の原義を字形的に体系化し,甲骨文字・金石文など草創期の漢字成立における宗教的・呪術的背景を字形分析から明らかにした『白川静著作集』別巻「説文新義」(全8巻)に結実した。「説文新義」は,1世紀以来,中国文字学における基本書であった許慎の『説文解字』の文字解釈を根底から覆す画期的著述である。ほかに,漢字の成立を示す『字統』,日本語の訓を説く『字訓』,書き下し文にした用例をあげる熟語を収めた漢和辞典の『字通』の三部作字書などがある。1984年毎日出版文化賞特別賞,1991年菊池寛賞など受賞多数。1998年文化功労者に選ばれ,2004年文化勲章を受章した。(→干禄字書

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

白川静【しらかわしずか】

中国文学・中国古代学者。福井県生れ。1943年に33歳で立命館大学法文学部漢文学科卒。1954年同大学文学部教授。1976年定年退職し,のち名誉教授。2005年立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所を設立,名誉研究所長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白川静 しらかわ-しずか

1910-2006 昭和-平成時代の中国文学者。
明治43年4月9日生まれ。昭和29-56年母校立命館大の教授。文字文化研究所所長。甲骨文,金文を解読し,漢字の起源や,日本の国語として漢字を摂取する過程を解明。その成果を「字統」「字訓」「字通」の漢字辞典三部作にまとめた。平成3年菊池寛賞,9年朝日賞,10年文化功労者。13年井上靖文化賞。16年文化勲章。平成18年10月30日死去。96歳。福井県出身。著作はほかに「甲骨金文学論叢(ろんそう)」「稿本詩経研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白川静
しらかわしずか
(1910―2006)

立命館大学名誉教授。漢字研究者。福井県生まれ。1943年(昭和18)立命館大学法文学部漢文学科卒業後、同大学助教授、教授を務める。中国最古の字書『説文解字(せつもんかいじ)』の研究を手がけ、以後、甲骨文、金文(きんぶん)の研究に努める。長年にわたる漢字研究の成果を踏まえて、1984年『字統』、1987年『字訓』を刊行。1996年(平成8)には白川漢字学の集大成ともいえる『字通』を刊行した。ほかに『金文の世界』『甲骨文の世界』『漢字の世界』『初期万葉論』『後期万葉論』『孔子伝』『中国古代の文化』『中国古代の民俗』など多数の著書がある。1991年菊池寛賞、1996年度朝日賞を受賞。1998年文化功労者、2004年文化勲章受章。[編集部]
『『字統』(1984・平凡社) ▽『字訓』(1987・平凡社) ▽『字通』(1996・平凡社) ▽『白川静著作集』全12巻(1999~2000・平凡社) ▽『白川静著作集別巻 第期 説文新義』全8巻(2002~03・平凡社) ▽『白川静著作集別巻 第期 金文通釈』全7巻9冊(2004~05・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白川静の関連キーワード王(おう)中国文学殷墟孔子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白川静の関連情報