コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川静 しらかわしずか

4件 の用語解説(白川静の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白川静
しらかわしずか

[生]1910.4.9.福井,福井
[没]2006.10.30.京都,京都
中国学者。中国古代社会・中国古代文学漢字の語源研究を通じて民俗学的に明らかにし,同時に日本古代文学との優れた比較研究を行なった。1943年立命館大学法文学部漢文学科を卒業,1954年同大学文学部教授,1981年同大学名誉教授

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

白川静【しらかわしずか】

中国文学・中国古代学者。福井県生れ。1943年に33歳で立命館大学法文学部漢文学科卒。1954年同大学文学部教授。1976年定年退職し,のち名誉教授。2005年立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所を設立,名誉研究所長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白川静 しらかわ-しずか

1910-2006 昭和-平成時代の中国文学者。
明治43年4月9日生まれ。昭和29-56年母校立命館大の教授。文字文化研究所所長。甲骨文,金文を解読し,漢字の起源や,日本の国語として漢字を摂取する過程を解明。その成果を「字統」「字訓」「字通」の漢字辞典三部作にまとめた。平成3年菊池寛賞,9年朝日賞,10年文化功労者。13年井上靖文化賞。16年文化勲章。平成18年10月30日死去。96歳。福井県出身。著作はほかに「甲骨金文学論叢(ろんそう)」「稿本詩経研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白川静
しらかわしずか
(1910―2006)

立命館大学名誉教授。漢字研究者。福井県生まれ。1943年(昭和18)立命館大学法文学部漢文学科卒業後、同大学助教授、教授を務める。中国最古の字書『説文解字(せつもんかいじ)』の研究を手がけ、以後、甲骨文、金文(きんぶん)の研究に努める。長年にわたる漢字研究の成果を踏まえて、1984年『字統』、1987年『字訓』を刊行。1996年(平成8)には白川漢字学の集大成ともいえる『字通』を刊行した。ほかに『金文の世界』『甲骨文の世界』『漢字の世界』『初期万葉論』『後期万葉論』『孔子伝』『中国古代の文化』『中国古代の民俗』など多数の著書がある。1991年菊池寛賞、1996年度朝日賞を受賞。1998年文化功労者、2004年文化勲章受章。[編集部]
『『字統』(1984・平凡社) ▽『字訓』(1987・平凡社) ▽『字通』(1996・平凡社) ▽『白川静著作集』全12巻(1999~2000・平凡社) ▽『白川静著作集別巻 第期 説文新義』全8巻(2002~03・平凡社) ▽『白川静著作集別巻 第期 金文通釈』全7巻9冊(2004~05・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白川静の関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件南極

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白川静の関連情報