コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調布[市](読み)ちょうふ

百科事典マイペディアの解説

調布[市]【ちょうふ】

東京都中部,多摩川北岸の市。1955年市制。中心市街は江戸時代布田(ふだ)五宿と呼ばれた甲州街道の宿場町。多摩川を境に神奈川県川崎市に接する。1913年京王線開通以来,住宅地として発展,現在も宅地化が著しい。京王相模原線が分岐し,中央自動車道が通じる。調布駅周辺は大型デパートや旧甲州街道沿いの商店街がにぎわっている。電気機器,機械製造,食品などの工業が行われる。布多(ふだ)天神社,深大(じんだい)寺神代植物公園などがある。21.58km2。22万3593人(2010)。
→関連項目電気通信大学桐朋学園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうふ【調布[市]】

東京都南部の市。1955年調布町と神代(じんだい)町が合体,市制。人口19万8574(1995)。地名は古代,帰化人が織った麻の布を調として朝廷に献じたことに由来する。市域の大半は武蔵野台地上にあり,南部は多摩川沿いの低地である。現市街地は江戸時代に甲州街道沿いに設けられた街村状の宿場町,国領,下布田,上布田,下石原,上石原の布田五宿を中心に形成された。明治に入って1889年に調布町が置かれ,1913年に京王線が開通して新宿と結ばれたため,近郊住宅地として発展しはじめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android