コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

談林派・檀林派 だんりんは

大辞林 第三版の解説

だんりんは【談林派・檀林派】

俳諧の一派。西山宗因を中心に、井原西鶴・岡西惟中らが集まり、延宝年間(1673~1681)に隆盛をみた。言語遊戯を主とする貞門の古風を嫌い、式目の簡略化をはかり、奇抜な着想・見立てと軽妙な言い回しを特色とする。蕉風しようふうの発生とともに衰退。宗因流。飛体とびてい。阿蘭陀オランダ流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

談林派・檀林派の関連キーワード言語遊戯井原西鶴西山宗因見立て宗因流貞門一派着想蕉風俳諧式目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android