談林派・檀林派(読み)だんりんは

大辞林 第三版の解説

だんりんは【談林派・檀林派】

俳諧の一派。西山宗因を中心に、井原西鶴・岡西惟中らが集まり、延宝年間(1673~1681)に隆盛をみた。言語遊戯を主とする貞門の古風を嫌い、式目の簡略化をはかり、奇抜な着想・見立てと軽妙な言い回しを特色とする。蕉風しようふうの発生とともに衰退。宗因流。飛体とびてい。阿蘭陀オランダ流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android