コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウ

デジタル大辞泉の解説

そう【贈】[漢字項目]

ぞう

ぞう【贈】

[名]物をおくること。「A氏の図書」
[接頭]官位を表す語に付いて、死後におくられたものであるという意を表す。「正一位」

ぞう【贈】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゾウ(呉) ソウ(漢) [訓]おくる
〈ゾウ〉
金や物をおくり与える。「贈呈贈答贈与贈賄遺贈寄贈恵贈
死後に官位をさずける。「贈位追贈
〈ソウ〉1に同じ。「寄贈

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞう【贈】

( 接頭 )
名詞に付く。官位を表す語に付いて、死後に朝廷からおくられたものである意を表す。 「 -正三位」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

贈の関連キーワード年金・被贈等の収入残杯冷炙・残盃冷炙甑に坐するが如し人後に落ちない老驥千里を思う天高く馬肥ゆ勝地定主無し筆力鼎を扛ぐ佐久良東雄農家総所得野村望東尼フォアグラ佐野竹之介武田耕雲斎勧修寺政顕一糸挂けず菊池澹如山科言継三条公広足利義尚

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

贈の関連情報