コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松記 あかまつき

2件 の用語解説(赤松記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤松記
あかまつき

『嘉吉記』ともいう。戦記。1巻。因幡入道定阿著。天正 16 (1588) 年成立。南北朝時代赤松則村全盛期現出にいたる過程,赤松満祐の没落,再興,応仁の乱での赤松氏の活躍などを扱い,家臣浦上氏にも言及。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あかまつき【赤松記】

赤松氏の興亡を述べた記録。1588年(天正16)赤松氏一族の得平(とくひら)因幡守入道定阿が著す。赤松氏が南北朝時代に播磨,備前,美作3国の守護となり,1441年(嘉吉1)嘉吉の乱により一時没落するが,58年(長禄2)一族の政則が家督を許され,のちに再び3国守護となる経緯を述べ,政則の死後領国が乱れ,しだいに家臣浦上氏に勢力を奪われてゆく過程や,その浦上氏が滅びゆく模様を詳記。《群書類従》所収。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤松記の関連キーワード嘉吉記結経謝状述べ立てるべた記事論文因って宇喜多能家赤松再興記《銀河帝国の興亡》

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone