コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石岳 あかいしだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤石岳
あかいしだけ

長野・静岡県境に位置する山。赤石山脈主峰の1つ。標高 3121m。山名は赤色のケイ岩が露出している南麓の赤石沢に由来するといわれる。山頂はゆるやかな平坦地で祠がある。山頂からの眺めは雄大で,赤石山脈の山々をはじめ木曾山脈,富士山,飛騨山脈などが一望できる。登山路は長野県側は天竜川支流の小渋川および遠山川渓谷沿い,静岡県側は大井川上流沿いのコースがある。南アルプス国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あかいし‐だけ【赤石岳】

赤石山脈の主峰の一。標高3120メートル。長野・静岡県境にある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤石岳【あかいしだけ】

静岡県北西部,赤石山脈中央付近にある山。標高3121m。山頂は茶褐色の古生層からなる。北方に荒川岳がそびえ,稜線には緩傾斜地の大聖寺平,百間平,東斜面には2個のカール地形がある。
→関連項目赤石山脈日本百名山南アルプス国立公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかいしだけ【赤石岳】

長野・静岡県境に位置し,赤石山脈の名称のもととなった同山脈南部の山。標高3120m。明治初期まで大河原ノ岳と呼ばれていたが,内務省地理局が南斜面の赤色ケイ岩からなる沢を遡行し,これに赤石沢と命名したことに由来する。赤石山脈の王者にふさわしい重量感のある山容で,赤石岳,小赤石岳の2峰からなる。両峰の東斜面には,約2万年前の氷期に形成されたと考えられるカール地形がみられ,標高2900mのカール底には晩夏まで雪田が残る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(静岡県)〕赤石岳(あかいしだけ)


長野・静岡県境にあり、赤石山脈(南アルプス)南部を代表する名山。標高3120m。古生層の赤色砂岩が露出し、その山肌の色から山名が出たとされる。明治前期、地図測量が未熟な段階で周辺の群峰中の最高峰と誤認され、「赤石山脈」の名に採用されたという。南アルプス国立公園に属す。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。南西方の大沢(おおさわ)岳(標高2819m)とを結ぶ尾根筋に準平原状の百間平(ひゃっけんだいら)が広がる。山頂付近にはカール(圏谷(けんこく))が発達。山腹や尾根筋には高山植物群落が繁茂する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤石岳
あかいしだけ

長野・静岡県境に沿って走る赤石山脈(南アルプス)の主峰の一つ。標高3121メートル。南アルプス国立公園内にあり、頂上一帯は特別保護地区。主稜(しゅりょう)をつくる岩石は中生代の砂岩で、凝灰岩を挟み赤石帯とよばれる。東側は静岡県大井川上流の渓谷になり、西側は長野県の天竜川支流遠山(とおやま)川と小渋(こしぶ)川の渓谷である。山容はみごとな高峰をなし、頂上からの展望が優れている。所々に赤色の珪岩(けいがん)が露出し、このため赤石の地名が生じたともいわれるが、実際は南麓(なんろく)に源を発する沢に、赤色の岩が露出しているところから赤石沢と名づけ、これから山名が生じた。山頂は緩やかな平坦(へいたん)地をなし、頂上には祠(ほこら)がある。また、東斜面には氷河によるカール状地形がある。山頂には避難小屋があるが、山が深く、登山には最低2泊が必要となるので登山者は少ない。登山口は、静岡県側の椹島(さわらじま)、伊那側の小渋温泉からが一般的である。なお、伊那側からの登山は、小渋川を繰り返し渡渉(としょう)するため、技術と経験が必要。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤石岳の関連キーワード百名山(日本百名山)日本アルプス静岡(県)静岡(市)河野 齢蔵三伏峠百名山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤石岳の関連情報