コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越生[町] おごせ

百科事典マイペディアの解説

越生[町]【おごせ】

埼玉県中部,秩父山地東麓にある入間(いるま)郡の町。中心の越生は中世以来の市場町で,明治・大正時代には絹市が栄えた。八高線,東武鉄道越生線が通じる。ユズ,ウメを特産,スギ,ヒノキなど木材も産し製材,建具工業が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おごせ【越生[町]】

埼玉県南西部,入間郡の町。人口1万3609(1995)。秩父山地の東縁部にあり,荒川の支流越辺(おつぺ)川が貫流する。中心集落の越生は越辺川谷口集落として発達,中世末には越生郷今市と呼ばれ,市が開かれていた。江戸後期には絹の生産が盛んとなり,明治~大正期には絹市が立っていた。総面積に占める山林の割合が高く,杉,ヒノキの良材を産し,地場産業として建具工業が行われてきた。かつては地元材を利用していたが,現在は秩父,秋田の木材や輸入材が使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android