コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車師 しゃしChe-shi; Ch`ê-shih

5件 の用語解説(車師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車師
しゃし
Che-shi; Ch`ê-shih

天山山脈東部に前2世紀から5世紀まであった国。中国,前漢の宣帝が派兵して姑師 (こし) 国を破り,車師前国 (部) ,後国 (部) および山北に分けたのが起源。前国はトゥルファン盆地,後国はジムサ (済木薩) 付近にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃし【車師】

中国のから北魏(ほくぎ)の時代に天山山脈東部にあった国。トルファン盆地に車師前国、その北方に車師後国があった。5世紀半ばころ滅亡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃし【車師 Chē shī】

古代中国の史書に記録されている西域のアルタイ系と思われる遊牧的民族およびその国名。〈きょし〉ともよばれる。初出は前2世紀末で,当初は姑師の字で表されている。民族としての車師は,当時東部天山山脈の山麓からユルドゥス河谷にかけて分布していたらしいが,既に各地に分立した独立的な国家の形成も進んでおり,8国ほどの名が伝わっている。それらのうちで代表的な強国が,天山南麓トゥルファン(吐魯番)盆地に拠る車師前国と天山北麓のジムサ付近にあった車師後国であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃし【車師】

漢代から北魏にかけて、西域にあった国。天山山脈の東部のトルファン盆地に車師前王国が、その北方に車師後王国があった。五世紀半ばに滅亡。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車師
しゃし

中国史書に姑師(こし)とも記された西域の国。天山山脈東部の南麓(なんろく)、北麓を占めた。西域の覇権をめぐる漢と匈奴(きょうど)の抗争の接点に位置し、前1世紀には車師前王国、後王国などに分裂した。前王国は都をトゥルファン盆地北西の交河城(ヤールホトに残る交河故城の地)に置き、同盆地の西部を支配したが、450年且渠(そきょ)氏高昌国によって滅ぼされた。後王国は前王国北方の天山山脈北麓の一角を支配していたが、前王国に先だって史上からその名が消えた。[白須浄眞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の車師の言及

【車師】より

…初出は前2世紀末で,当初は姑師の字で表されている。民族としての車師は,当時東部天山山脈の山麓からユルドゥス河谷にかけて分布していたらしいが,既に各地に分立した独立的な国家の形成も進んでおり,8国ほどの名が伝わっている。それらのうちで代表的な強国が,天山南麓トゥルファン(吐魯番)盆地に拠る車師前国と天山北麓のジムサ付近にあった車師後国であった。…

※「車師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車師の関連情報