コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軌道論 きどうろんtheory of orbit

5件 の用語解説(軌道論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軌道論
きどうろん
theory of orbit

軌道を決定するための天体力学の一部門。天体観測のために,その未来の位置を算出することを予報位置計算という。逆に過去の位置を算出して,その時期の観測結果と照合するのに用いる場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

軌道論【きどうろん】

軌道決定法とも。衛星(人工衛星を含む),小惑星,すい(彗)星などの軌道を決定するための理論。ケプラーの法則に従って運動する天体の軌道は6個の軌道要素が与えられれば決まるので,天体位置の観測からその数値を決定することが軌道論の中心となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きどうろん【軌道論 determination of orbit】

小惑星やすい星,流星,衛星,人工衛星などの軌道を決定する理論で,軌道決定法ともいう。太陽のまわりにケプラー運動を行う小惑星やすい星などの軌道は6個の軌道要素で与えられる。ゆえに,これらの天体の位置を地球から観測して,それに基づいて天体の軌道要素を決定することが軌道論の中心問題である。ここに,天体の位置というのは,三次元空間における位置ではなくて天球上の位置であり,赤経αと赤緯δとで表される。実際,小惑星などの距離を直接に測定することはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きどうろん【軌道論】

天体力学の一分野。彗星すいせいなどの天体の観測位置から、その軌道要素を決定する。近代的な方法はガウスにより開発された。軌道決定論。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone