コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝コバルト鉱 きコバルトこう cobaltite

翻訳|cobaltite

6件 の用語解説(輝コバルト鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輝コバルト鉱
きコバルトこう
cobaltite

CoAsS 。コバルトの重要な鉱物。等軸晶系。硬度 5.5,比重6~6.3。金属光沢,銀白色で少し赤みがある。深成の高温~中温の鉱床,接触交代鉱床に産し,コバルトの原料として利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐コバルトこう〔‐クワウ〕【輝コバルト鉱】

コバルト砒素(ひそ)硫黄からなる鉱物。金属光沢のある銀白色で、少し赤みを帯びた六面体または八面体の結晶。等軸晶系条痕(じょうこん)色は灰黒。コバルトの鉱石。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

輝コバルト鉱【きコバルトこう】

金属光沢をもち桃色を帯びた銀白色の鉱物。コバルトの主要鉱石。組成はCoAsSでFe,Niなどが少量含まれる。結晶は六面体,八面体,五角十二面体など。もろく,へき開は完全,硬度5.5,比重6.30〜6.34。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きコバルトこう【輝コバルト鉱 cobaltite】

コバルトの重要な鉱石鉱物。化学成分はCoAsSだが,多少の鉄が含まれることがふつう。立方晶系,ふつう六面体あるいは五角十二面体で,結晶は黄鉄鉱に似ている。へき開は{001}に完全。金属光沢を呈し,色は銀白色でわずかに赤みを帯びている。モース硬度5.5,比重6.3,表面が酸化してコバルト華erythrite Co3(AsO4)2・8H2Oに変わり桃色を呈することが多い。閉管中で熱しても変化はないが,硝酸で分解して硫黄とヒ酸化物を析出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きコバルトこう【輝コバルト鉱】

コバルト・ヒ素の硫化鉱物。等軸晶系。銀白色で金属光沢。コバルトの鉱石。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝コバルト鉱
きこばるとこう
cobaltite

コバルトのもっとも重要な鉱石鉱物。酸性深成岩中の熱水鉱脈鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、ときに変成層状マンガン鉱床正マグマ性鉱床中などに産する。自形は正八面体正十二面体など等軸晶系の様相を呈し、単位格子は等軸晶系のものの特徴を備え、原子配列上は斜方(直方)晶系対称相と等軸晶系対称相の両方があり、前者のほうが普通である。地表条件で分解され、紫紅色のコバルト華を生ずる。日本では山口県美東(みとう)町(現、美祢(みね)市美東町)長登(ながのぼり)鉱山(閉山)から産したものが有名。この鉱床は奈良時代に銅鉱床として開発され、大仏鋳造用の銅をまかなったといわれる。地名の「ながのぼり」は「ならのぼり」が訛(なま)ったものという。英名は主成分元素のコバルトcobaltにちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の輝コバルト鉱の言及

【コバルト鉱物】より

…北のコンゴ民主共和国では銅の1/30,南のザンビアでは1/300程度のコバルトをリンネ鉱linnaeite Co3S4,カロライトcarrollite (Co,Cu)3S4などのチオスピネルとして含んでいる。コバルトはヒ素と結合して,輝コバルト鉱(Co,Fe)AsS,スクテルード鉱skutterudite(方コバルト鉱ともいう)(Co,Ni)As3として銀‐コバルト鉱脈中に産出する(ノルウェー,スウェーデン,ドイツ,カナダなど)。輝コバルト鉱は黄鉄鉱FeS2のFeをCoで,S2のうち1個をAsで置き換えたとも考えられる鉱物で,形,表面の条線などは黄鉄鉱に似るが,色は銀白色で赤みを帯びている。…

※「輝コバルト鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

輝コバルト鉱の関連キーワードコバルト華鉄マンガン重石鉱石鉱物コバルト色コバルト爆弾コバルト酸リチウム豆石組織ホスト鉱物コバルト鉱物スズ鉱物(錫鉱物)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone