コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュツ

デジタル大辞泉の解説

じゅつ【述】

述べること。また、述べたもの。「フェノロサ
漢文の文体の一。人の言行を記述したもの。
述語」の略。「主の関係」

じゅつ【述】[漢字項目]

[音]ジュツ(慣) [訓]のべる
学習漢字]5年
のべる。のべたもの。「述懐述語述作記述口述叙述詳述前述著述陳述論述
前人の事績を受け継ぎ伝える。「紹述祖述
[名のり]あきら・とも・のぶ・のぶる・のり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅつ【述】

述べること。また、述べ説かれたことを書きとったもの。 「鈴木博士-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

述の関連キーワード不義にして富み且つ貴きは浮雲の如し林述斎(はやしじゅっさい)威ありて猛からず大正新脩大蔵経曲肱の楽しみ東域伝灯目録斧の柄朽つ寒暄を叙す屡説・屢説弘徽殿女御肘を曲げる柳原資廉夜光の璧暴虎馮河大郷信斎上杉慎吉神山鳳陽佐藤一斎考信録一貫性

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

述の関連情報