郡上一揆(読み)ぐじょういっき

百科事典マイペディアの解説

郡上一揆【ぐじょういっき】

江戸時代,美濃(みの)国で起きた一揆。延宝(えんぽう)年間(1673年−1681年)の一揆は藩の年貢(ねんぐ)増徴に反対して起きたもので,藩内でこの政策をよしとしない国家老が暗殺されると聞いた百姓らはその屋敷を守護するなどの事態に至った。1683年に藩主遠藤氏が帰国して両派とも処分された。宝暦(ほうれき)年間(1751年−1764年)の一揆もまた年貢の増徴策として実施されていた検見取(けみどり)などに反対するもので,1754年一揆勢は諸課役の廃止を求める16ヵ条を提示した。藩はいったん受けるが,幕府を通じて庄屋(しょうや)層に検見取を承知させた。百姓は再び一揆を結び,また老中(ろうじゅう)酒井忠寄に駕籠訴(かごそ)を行うなどした。この間,立(たち)百姓と寝(ね)百姓(脱落者など),杉本派・上村派の分裂などがあった。1758年ようやく幕府の裁許が出され,藩主金森頼錦(よりかね)が領知没収のほか,老中・若年寄大目付(おおめつけ)・勘定奉行らの役義取上げなどの処分があり,一揆側は13人が処刑されている。
→関連項目郡上藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐじょういっき【郡上一揆】

郡上藩領でおきた一揆としては,延宝期の家中騒動のからんだ一揆と,宝暦期の一揆とがあるが,ふつうには後者をさす。 藩主金森頼錦(よりかね)治政下の1754年(宝暦4),年貢増徴のために採用しようとしていた検見取(けみどり)などに反対する一揆が発生した。郡上郡内の農民は検見廃止をはじめ諸課役廃止16条を藩に要求し,藩は一度はそれを受理した。しかし幕府に手を回して,美濃郡代青木次郎九郎から,翌55年に郡内庄屋36人に検見取を承知させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android