コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒屋会議 さかやかいぎ

6件 の用語解説(酒屋会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒屋会議
さかやかいぎ

自由民権運動における酒税減税要求のための会合。 1881年5月,高知県の酒造業者が政府に減税の請願書を提出したのをはじめとして,全国の酒造業者が減税請願の準備に立上がり自由党結成大会に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかや‐かいぎ〔‐クワイギ〕【酒屋会議】

明治15年(1882)酒造業者が酒税軽減を求め、自由民権運動植木枝盛の応援を得て大阪で開いた会議。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酒屋会議【さかやかいぎ】

1882年自由党の指導により酒税軽減のために開かれた会合。1880年明治政府は清酒1石につき1円であった造石税を2円に増税,翌年高知県の酒造業者300人が政府に減税請願書を提出したが,却下されたため植木枝盛をたよった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さかやかいぎ【酒屋会議】

明治初期における酒造業者の酒税軽減運動の一つ。当時の租税収入は地租,酒税などに限られていたことから,政府財源における酒税の占める割合は高かった。政府は明治初年からしばしば酒税を増徴し,1878年には清酒1石につき造石税1円だったのを80年には2円とした。そのため地方の酒造業者はその改正を要求し,おりから高まっていた国会開設運動と結んでその実現をはかろうとした。81年5月高知県の酒造業者300余人が減税請願書を政府に提出して却下され,植木枝盛に相談した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さかやかいぎ【酒屋会議】

酒税減税のために1882年(明治15)に開かれた酒造業者の会合。政府の増税に反対して植木枝盛が檄文を起草し開かれ、元老院に請願書を提出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒屋会議
さかやかいぎ

酒税減税を目ざして1882年(明治15)5月に開かれた会合。酒税が1878年と80年に大幅に引き上げられたため、81年5月高知県の酒造業者293名が酒税減額願を大蔵省に提出したが却下された。そこで彼らはこの件を自由民権家植木枝盛(うえきえもり)と児島稔(こじまみのる)に依頼した。植木と児島は政府の圧迫弾圧に抗しながら酒税減額要求を全国的運動に組織した。82年5月4日全国から大阪に参集した20余名の代表を淀(よど)川に浮かべた船に収容して懇談熟議を尽くし、9日40余名とともに突如京都に入り、翌日祇園(ぎおん)中村楼で会議を開いて、政府に対する酒税減額要求を決議、総代小原鉄臣(おはらてっしん)が翌月請願書を太政官(だじょうかん)に、建白書を元老院に提出した。この会議を契機として、全国的に酒造業者の減税運動が展開された。後日、児島は、実業家団体が自由民権運動に参加した最初の事件であると書いている。児島ら数人が投獄され、減税という営業自由の目的は実現できなかったが、集会自由の防衛に成功したものと評価されている。[外崎光廣]
『家永三郎著『植木枝盛研究』(1960・岩波書店) ▽山田昭次「明治10年代における明治政権と酒造業者の動向」(『歴史評論』第135号所収・1961・歴史科学協議会) ▽外崎光廣「酒屋会議と児島稔」(『社会科学論集』第42号所収・1982・高知短期大学)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒屋会議の関連キーワード課税物件地租軽減運動議官舎密大天狗文部卿酒造税焼酎の酒税軽減措置磯山清兵衛森多平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone