コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸エステル さくさんエステルacetic ester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸エステル
さくさんエステル
acetic ester

酢酸と種々のアルコールから生成され,CH3COOR で表わされる化合物の総称。製法としては,無機酸の存在下での酢酸とアルコールとの反応,無機酸のエステルと酢酸塩との複分解,塩化アセチルあるいは無水酢酸とアルコールとの反応がある。アルキルエステルは一般に芳香をもつ無色,中性の液体で,有機合成試薬,人工果実香料,有機溶剤として用いられる。加水分解すると,もとの酢酸と,対応するアルコールとに分解する。それぞれの酸,アルコールが水に可溶であっても,エステル化によってできたものは水に溶けにくいか,高級なものは水に不溶である。一般に有機溶媒によく溶ける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

酢酸エステル【さくさんエステル】

酢酸とアルコールとのエステルCH3COORの一般名。酢酸とアルコールを硫酸の存在下に反応させると得られる。(図)溶剤として用いられるほか,一般に芳香をもつので,人工の果実エッセンスにも用いられる。
→関連項目シンナーフーゼル油

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくさんエステル【酢酸エステル acetic ester】

酢酸とアルコールROHから生成するエステルCH3COORの総称。アセテートacetateとも呼ばれる。一般に無色,中性の液体で芳香をもち,天然植物の香気成分として存在するものが多い。エステルの一般的製法に従って,アルコールと酢酸を強酸の存在下で反応させることにより得られる。無水酢酸にアルコールを作用させても合成できる。
酢酸エチルethyl acetate]
 酢酸とエチルアルコールから得られるエステル。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さくさんエステル【酢酸エステル】

酢酸とアルコールから生成するエステルの総称。一般式 CH3COOR 一般に芳香のある無色の液体。アセテート。アセタート。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸エステル
さくさんえすてる
acetic ester

酢酸とアルコール(あるいはフェノール)が、1分子の水がとれて縮合した形の化合物の総称。アセテートアセタートともいう。一般式CH3COORで表される。代表的なカルボン酸エステルである酢酸エチルなどもこれに属する。一般的製法としては、硫酸、リン酸などの酸を触媒として酢酸とアルコールとを反応させる方法があり、工業的にも利用されている。この方法ではフェノールのエステルは得られないので、フェノールの酢酸エステルを合成する場合には、塩化アセチルや無水酢酸をフェノールと反応させる。
 一般に芳香をもつ無色の液体。果実などに含まれているものも多い。
 工業的にもっとも重要な酢酸エステルは酢酸ビニルで、エチレンと酸素と酢酸をパラジウム触媒を用いて気相で反応させてつくっている。このほかでは、酢酸エチルや酢酸ブチルの生産量が多く、溶剤などに使われている。多価アルコールのエステルとしてとくに重要なのはセルロースの酢酸エステルで、アセチルセルロースともよばれ、プラスチック、ラッカー、不燃性フィルムなどの広い用途をもっている。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

酢酸エステルの関連情報