コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿[市] すずか

百科事典マイペディアの解説

鈴鹿[市]【すずか】

三重県北部,伊勢湾に面し,伊勢平野にある市。1942年市制。古代伊勢国の国府国分寺が置かれ,石薬師庄野は近世東海道宿場町として栄えた。中心市街は小藩城下町の神戸(かんべ)から発達,1950年以降旧軍用地に繊維・輸送用機械・食品・紙加工工業が立地,四日市市に次ぐ工業都市となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すずか【鈴鹿[市]】

三重県中北部の市。1942年河芸(かわげ)郡の神戸(かんべ),白子(しろこ)の2町と7ヵ村,鈴鹿郡の5ヵ村が合体して市制。人口17万9800(1995)。JRの関西本線,伊勢鉄道,近鉄の名古屋線,鈴鹿線が通じ,国道1号,23号,306号線,東名阪自動車道も通じる。市域は北西の鈴鹿山脈と南西に展開する鈴鹿川支流の扇状地および鈴鹿川本流や派川の沖積地よりなる。古代には伊勢国の中心地として内陸台地の国府町に国府,国分町に国分寺が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android