コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタ

デジタル大辞泉の解説

なた【×鉈】

幅のある厚い刃物に柄をつけたもの。まき割り、樹木の枝下ろしなどに用いる。
相撲で、立ち合いにひじを曲げて相手ののど、または胸を攻めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なた【鉈】

厚みのある短冊形鉄片の一側を刃とし,短い木柄をつけた工具の総称。両刃のものや,長柄のものなどもある。鉈は草,篠などを伐り払う,薙断(なぎたち)の略といわれる。また,割る,削るということから,庖丁という地方もある。木工具であるとともに山樵具(杣(そま)具),農具でもあり,その形状,用途の種類は多い。木工用としては,桶師,屋根葺きの柿師(こけらし)用の割鉈,薄板剝(は)ぎ用の剝(へ)ぎ庖丁,山樵具または農具として枝打ち用の鉈鎌,鼻付き鉈などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なた【鉈】

幅が広く厚い刃物に短い木の柄をつけたもの。薪まき割り・枝打ち、木工などに用いる。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鉈の関連キーワード香割り道具・香割道具雄国の根まがり竹細工金の斧・銀の斧人吉・球磨刃物万場山中打刃物きせる(煙管)鉈割りがっこ鉈彫り・鉈彫ゆうちく袖垣土佐打刃物桐生打刃物野鍛冶刃物御物石器枝下ろし橋本平八生木に釘きめ出し黄金の鉈木食上人小田忠七

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉈の関連情報