コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えつyue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えつ
yue

中国古代のまさかり形をした青銅製兵器。部と同方向に柄がつけられる。代に盛行したが,宝儀器化したものも多く,玉製品もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えつ〔ヱツ〕【×鉞】

古代中国の、青銅製の大(おおおの)。罪人の首を切るのに用いた。また王権象徴ともされる。

まさかり【×鉞】

伐木用大形の斧(おの)。古くは武器・刑具にも用いられた。
紋所の名。1を図案化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えつ【鉞 yuè】

中国の殷・周時代を中心として使用された青銅利器で,斧の類の大型のものをいう。《説文(せつもん)》では〈戉〉字を使っている。現在,実物として存在するのは殷時代後期のもので,刃の幅が約30cmあり,刃と平行に柄をつける。周の武王牧野(ぼくや)で殷の紂王(ちゆうおう)を討ったときに,左手に黄鉞を杖としていたという伝説に象徴されるごとく,鉞は王が正義をとり行う具と考えられ,刑罰において使用されたもので,鉞による斬首をかたどる図象文字が殷時代にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まさかり【鉞】

木を切ったり、削ったりするための刃幅の広い斧おの。武具としても用いた。刃広はびろ
家紋の一。を図案化したもの。菊と組み合わせるものもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

まさかり【鉞】

木を切ったり、加工したりするのに用いる大型の斧(おの)。古くは武具としても用いた。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【斧】より

…斧の刃を白く刃幹を黒く描くか,そのようにぬいとりした布を黼(ふ)といい,これを天子の礼服に用い,また天子はこの布をはった屛風を背にして南面して諸侯に対した。斧の大きいものを(えつ)といい,天子が将軍に征討を命ずるときそのしるしとして授けた。天子が自ら征討に赴くときは,黄金で飾ったいわゆる黄鉞を用いた(《史記》周本紀など)。…

【闘斧】より

… 石製闘斧以後も,ヨーロッパでは実用または儀仗用の,青銅あるいは鉄製の闘斧の製作使用が続けられ,中世フランク族の用いた鉄製闘斧フランシスクfransiskに連なり,さらには闘斧と槍先とが結合した形状をとる武器アラバルダalabardaは,ローマ教皇の護衛兵の儀器として現在も使われている。これら西方の闘斧に対して,中国には(えつ)がある。殷・周時代ではおもに青銅製で,武器または斬首用具として発達し,しだいに装飾を加え,王の親征または出陣を象徴する儀器と化し,漢代以後は衰退する。…

【武器】より

…ただ,斧も斤も,武器として使用されたもののほか,工具や農具として使われたものもあった。(えつ)は〈まさかり〉で,同じ形の小型のものが斧,大型のものが鉞と呼ばれた。鉞の中には高さ34cm,重さ6kg近いものがあって,実際これを戦場で振り回して闘うことは不可能であり,文献によって知られるように斬首や腰斬など刑罰の執行に使用されたものである。…

※「鉞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉞の関連キーワード不・付・俘・俯・傅・埠・夫・婦・孵・富・巫・布・府・怖・扶・敷・斧・普・浮・父・符・腐・腑・膚・訃・譜・負・賦・赴・附・風玉器(ぎょっき)6月20日王(おう)桐谷 正治斧鉞・鈇鉞8月10日七つ道具上原実矩斎藤月岑沼波瓊音鈴木月彦中国銅器間部詮勝北原遺跡寧夏の乱坂田公時婦好墓荒道具十八般

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉞の関連情報