コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長・永 なが

大辞林 第三版の解説

なが【長・永】

〔形容詞「長い」の語幹から〕
他の語の上または下に付いて複合語をつくり、ながいことの意を表す。
相対的に長い形であることを表す。 「 -袖」 「足-」
時間的に長く続くことを表す。 「 -雨」 「 -わずらい」
気持ちなどがのどかでのんびりしているさまを表す。 「気-」
「長掛ながかけ」の略。 「お年寄さま方は長かけと申して-をおかけ遊ばす/滑稽本・浮世風呂 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長・永の関連キーワード勝 新太郎畔上楳仙平忠正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長・永の関連情報