コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久しい ヒサシイ

デジタル大辞泉の解説

ひさし・い【久しい】

[形][文]ひさ・し[シク]
長い時間がたっている。「―・く姿を見ない」「故郷を離れてから―・い」
しばらくぶりである。久しぶりである。「これはまた、お―・いことで」
時間がかかっている。
「いと苦しげにややみて、―・しくおりてゐざり入る」〈・宿木〉
ありふれている。代わりばえがしない。
「金平ごばうも―・いもんだ」〈洒・四十八手〉
なじみである。
「家―・しき者ばかり召しよせられ」〈浮・織留・三〉
[派生]ひさしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさしい【久しい】

( 形 ) [文] シク ひさ・し
時間が長く経過する。長い時間がたつ。 「 - ・い昔」 「 - ・く会わない友」 「こんなよろこばしいことは絶えて-・い」
前にその事をしてから時間があいている。しばらくぶりである。 「おひさしゅうございます」 「今日しもおぼろけに、-・しく清ます御髪みぐしのやうに/宇津保 蔵開中
多くの時間を必要とする。 「とみにていり炭おこすも、いと-・し/枕草子 160
古くさい。ありきたりである。 「今日は御褒美にお弁当にしておやりと、又-・いものさ/滑稽本・浮世風呂 2
昔からのなじみである。 「亭主は-・い客のこと、よしあしの返答なく/浄瑠璃・曽根崎心中」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

久しいの関連キーワード枕・椿・沈・珍・賃・鎭・鎮・陳ハットゥシリ[3世]砂長じて巌となるウェルゲラン万代・万世イトミミズ税制調査会旧住の菩薩後陽成天皇訳文筌蹄EDPS途絶える女性文学オーセン物部尾輿のさばる三年三月真日長し山採り程程し

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久しいの関連情報