コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長坂[町] ながさか

百科事典マイペディアの解説

長坂[町]【ながさか】

山梨県北西部,北巨摩(きたこま)郡の旧町。中央本線中央自動車道が通じる。北部は八ヶ岳南麓の高原で,集団酪農地帯をなし,高原野菜栽培も盛ん。南部では養蚕などが行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながさか【長坂[町]】

山梨県北西部,北巨摩(きたこま)郡の町。人口9052(1995)。八ヶ岳南麓にあって,戦国期は武田氏の武将長坂閑斎の領地で,長坂郷とよばれた。北部の高原地帯は第2次大戦後に開拓が進んだ集団酪農地帯で,乳牛の飼育が盛んである。高原野菜の栽培も行われる。南部は古くから米作や養蚕の盛んな地域であるが,近年は野菜やタバコの生産も増えている。道路網の整備により電子部品,カメラ,食品などの工場の進出が著しい。八ヶ岳高原では別荘や観光施設の建設が活発である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android