長沼(町)(読み)ながぬま

  • 長沼

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道中西部、空知(そらち)総合振興局管内の町。1952年(昭和27)町制施行。町名はアイヌ語「タンネトウ」(長い沼の意)に由来する。札幌市の東郊にあたり、東は馬追(うまおい)丘陵、西は旧夕張(ゆうばり)川と千歳(ちとせ)川に囲まれる低地で、もとは馬追原野といった。1887年(明治20)2戸移住に始まり、低湿地のため水害に悩みながらも、治水の進展とともに水田化が進み、南空知の代表的米作地帯となった。馬追丘陵の西麓(せいろく)は畑地が卓越し、リンゴ、野菜などを産し、道路の整備とともに酪農も盛んとなり、札幌近郊の都市化のためこの地に移る酪農家もあって、南隣の東千歳地区(千歳市)、早来(はやきた)地区(安平町)に続く酪農地帯を形成する。国道337号、274号が通じ、長沼市街はバスで札幌に直結する。1971年(昭和46)馬追山に航空自衛隊ナイキ基地ができたが、この設置をめぐる長沼ナイキ訴訟(1969)で自衛隊の憲法違反判決が出たことで有名。面積168.52平方キロメートル、人口1万1076(2015)。

[柏村一郎]

『『長沼町九十年史』(1977・長沼町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android